さがみはら中央区版 掲載号:2012年3月22日号
  • googleplus
  • LINE

13日間1085Km 関家さん 台湾1周走破

笑顔と歓喜に包まれたゴールシーン
笑顔と歓喜に包まれたゴールシーン

 南区磯部在住の関家良一さん(45)が台湾一周マラソンに挑戦し11日、スタート地点の台北市でゴールテープを切った。多くの台湾人と触れ合い、東日本大震災の復興支援への感謝を伝えた。

 42・195Km以上の距離を走る超・長距離走(ウルトラマラソン)の選手として活躍する関家さん。世界でもトップクラスの実力を持ち、この競技の第一人者だ。今回は震災支援への気持ちを台湾全土に届けようと、一周マラソンを企画した。

気温差20度

 フルマラソンを超える距離を、連日走る『ジャーニーラン』は初めての関家さん。「洗礼を受けました」。24時間走、灼熱の246Kmレースと数々の大会に参加したベテランランナーでさえ、過酷な日々を強いられた。

 長い時は1日の走行距離が100Km以上になることも。どんな状況に置かれても、笑顔で現地ランナーとのランニングを楽しみながら、夕方には目的地へ到着するように走り続けた。

 ジャーニーランに参加した現地人は、最終的にはのべ500人に。11日、無事ゴール。13時46分、現地の人とともに被災地へ黙祷を捧げた(時差1時間)。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月5日号

お問い合わせ

外部リンク