さがみはら中央区版 掲載号:2012年3月29日号
  • googleplus
  • LINE

桜美林大 学生企画のブライダル 地元商店街と協力

新郎役の宇野沢和也さん(ビジネスマネジメント学群2年)が新婦役の豊森ちはやさん(リベラルアーツ学群2年)のベールをあげた瞬間(3月24日 取材・撮影)
新郎役の宇野沢和也さん(ビジネスマネジメント学群2年)が新婦役の豊森ちはやさん(リベラルアーツ学群2年)のベールをあげた瞬間(3月24日 取材・撮影)

 桜美林大学生が企画提案した「模擬結婚式」が24日、同大荊冠堂(けいかんどう)チャペル(町田市)で行われた。当日は、オープンキャンパス開催日に合わせて開催され、高校生やその保護者らも来場。地元商店街の協力を得て、盛大に執り行われた。

-・-・-・-・-・-

 「何らかの形で大学チャペル挙式を支援できないか」との思いから、ビジネスマネジメント学群の山口有次ゼミは、1つの研究テーマとして模索。大学のチャペルで挙げる結婚式の意義を学びながら、淵野辺商店街や町田市内の7社の協力を得て今回の実現に至った。現在、桜美林学園で卒業生らの依頼を受け、年間数件ほど行われているチャペル挙式自体のさらなる周知も込められている。

 当日は、教義解説から式、挙式演出映像、模擬挙式の趣旨説明、参列者へのアンケートまで45分と限られた時間内であったが、学生らはスムーズに行っていた。

 山口有次教授は「格式ある大学チャペルで結婚式を企画するのは貴重な経験。この経験をぜひ将来に活かして欲しい」と学生を労った。リーダーの小川瞳さんは「緊張したが感動した」と振り返った。

 ヘアメイク、写真撮影、生花、婚礼衣装などの提供は、学生らが1店舗ずつ交渉に出向き、協力を得た。同大プラネット淵野辺キャンパスが位置する地元・淵野辺商店街「にこにこ星ふちのべ(協)」の茅明夫理事長は「学生の積極的な依頼に感謝している。今後、模擬ではなく本当に地域の方が挙式をあげられるようになれば。仕事として商店街各店が式のお手伝いをし、大学との連携事業になれば地域活性化する。夢が膨らむ」と話した。

 今後は同チャペルでの挙式をPRしていくため、ホームページを作成するなど、さらなる認知に努めていく。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月5日号

お問い合わせ

外部リンク