さがみはら中央区版 掲載号:2013年6月20日号
  • googleplus
  • LINE

給食で諦(あきら)めない心を学ぶ 市内全校で「はやぶさ給食」

 「相模原はやぶさウィーク」イベントの一環として13日、市内の全小中学校で「はやぶさ給食」が振る舞われた。全市統一の献立で給食を実施するのは初で、星形に象ったメンチカツやゼリー(=写真)など、宇宙を想起させる給食が並んだ。

 市立夢の丘小学校(南区当麻/今井勉校長)では、ランチルームに集まった1年生と4年生の児童61人が普段とは異なる給食を目の前に、期待に胸を膨らませていた。「いただきます」に先立ち、4年生によって小惑星探査機はやぶさの説明が行われ、最後に「はやぶさのように諦めない心を持ちましょう」と声を合わせた。給食を食べた児童は「はやぶさの名前だけは知っていたけど、もっと知りたくなった」と話していた。

 市は、この給食を来年度以降も継続していく予定。
 

「星の形がかわいい」と児童に好評だった
「星の形がかわいい」と児童に好評だった

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク