さがみはら中央区版 掲載号:2013年7月18日号
  • googleplus
  • LINE

団扇配り安全訴え 矢部駅周辺で啓発活動

社会

マナーアップシールを貼る協会員
マナーアップシールを貼る協会員

 相模原署(立木朗署長)、相模原交通安全協会(井上政市会長)、大野北地区交通安全母の会の3者は12日、夏の交通安全防止運動(11日〜20日迄)の一環として、JR矢部駅北口周辺で、交通安全や交通マナー向上を訴える啓発活動を行った。

 当日は歩行者や自転車利用者へ同運動のスローガン「安全は 心と時間の ゆとりから 交通ルールを守って 夏を楽しく安全に」

を記載した団扇や啓発チラシを配布。信号が青になってもすぐ飛び出さないことや、前はもちろん後ろや左右の危険にも注意することなど、一人ひとりに丁寧に呼びかけた。

 さらに自転車利用者へは、交通安全のマナーアップを明記したシールを自転車へ貼ってもらうなど、市内で多発する自転車事故防止にも努めた。

 同署交通一課長の進士力警部は「今回の活動を契機として、自転車マナーを向上して頂ければ。交通事故防止に繋がってほしい」と話した。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク