さがみはら中央区版 掲載号:2016年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

「ウーキャリ」向上へ

市就職支援センター長 久保田啓仁(ひろみ)さん

女性の就職支援のためのセミナーを行う久保田さん(左)
女性の就職支援のためのセミナーを行う久保田さん(左)
 就職活動を行う市民に、求人中の企業の紹介や就業支援事業を実施する「相模原市就職支援センター」(相模原市委託)。市民が市内企業に就職することで地域の活性化に繋がると期待を寄せ、きめ細かい支援を行っている。その活動は行政に留まらない多様な団体との連携に加え、昨年からは南区で出張職業紹介を始めるなど広がりを見せている。

 同センター長を務める久保田啓仁さんは、高齢化に伴う労働人口の減少を課題に挙げ、「近年、厚労省をはじめ、当センターでも女性の再就職支援に力を入れています」と話す。もともとキャリアを積んでいた女性が、結婚・出産などで仕事を辞めざるを得ないケースが多く、人手不足を訴える各業界でそういった層の女性たちを雇用することで労働力を確保しようという動きがあるという。そこで、同センターでは「ウーキャリ(ウーマンキャリア)」と題したコミュニティーを作り、毎週活動している。女性の就職・再就職支援のためにワークショップやキャリアカウンセリングを行い、人生の選択肢を増やしてもらうことを目的としている。

 昨年からは、保育士の就労支援に力を入れ、専門のコーディネーターを配置して新卒・潜在保育士を対象としたセミナーを開始。保育士の就労支援を行うことで、市内の保育園で受け入れられる子どもが増える。子どもを預けられる場所があると、女性たちも社会復帰できるというわけだ。「今回、業種を絞って就労支援を行ったことで業界ごとの特徴を感じた。将来的にセンターでも業界・専門ごとに人材を集め、より効率的なマッチングができたら、更なる労働人口を市内で確保できるのではないかと個人的には思います」と久保田さん。福祉人材などが他市に流れがちな現状を打破し、相模原の活性化に一役買うため、新たな事業展開に思いを馳せる。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

来年も笑おう

来年も笑おう

誠文堂で漫画展

10月30日~11月11日

さがみはら中央区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月2日号

お問い合わせ

外部リンク