さがみはら中央区版 掲載号:2016年12月15日号 エリアトップへ

創設5年目での悲願達成 来季から1部リーグ参戦

スポーツ

掲載号:2016年12月15日号

  • LINE
  • hatena
優勝を決めた試合後、サポーターと共に歓喜の瞬間
優勝を決めた試合後、サポーターと共に歓喜の瞬間

 創設以来の悲願となる、県内初の1部昇格という目標に向け、「志実2016〜瞬間(とき)は今」をスローガンに掲げて臨んだ5季目。

 今季はDF高木ひかり選手、和田奈央子選手、FWミッシェル・パオ選手らを補強。守備のテコ入れが昨シーズンの課題だったが、「昨季加入したGKジェネヴィーヴ選手が日本に慣れ、さらにチーム全体の守備意識やセットプレーの守備も向上した」と菅野将晃(かんのまさあき)監督が振り返るように、開幕からの9試合で無失点。6月までの12連戦を11勝1分けで終え、スタートダッシュに成功した。

 シーズン途中のリーグカップでは、準決勝のASハリマアルビオン戦で、PK戦の末敗退。そこから立て直し、再開されたリーグ戦でも勝ち点を伸ばした。迎えた第17節のセレッソ大阪堺戦。先制されながらも追いつき、他会場の結果により2部優勝と、来季の1部リーグ昇格が決まった。「今年は何としても優勝して昇格、というのがクラブ全体の想いだった」と菅野監督。これまでの積み上げが結実したシーズンとなった。

 個人としてもMF尾山沙希選手が2部の最優秀選手賞、高木選手が新人賞、パオ選手とFW南野亜里沙選手が得点王の栄誉に輝いた。また、高木選手、パオ選手はそれぞれ日本と台湾のA代表に選出された。

 現在クラブは12月17日(土)にベガルタ仙台レディースとの皇后杯準々決勝を控えている。2部リーグ王者として、1部の相手にも臆することなく戦っていく。

サポーターが選ぶMVPMF尾山沙希選手

 サポーター代表、根本将司さんが選んだのは尾山沙希選手。「キャプテンとしてチームを統率し、華麗なサッカーを献身と運動量で支えたことが、無敗優勝できた要因」と理由を話した。

試合中、チームメイトを鼓舞する尾山選手
試合中、チームメイトを鼓舞する尾山選手

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

共生めざす作文で初入賞

共生めざす作文で初入賞 社会

向江さん、志田さん

1月21日号

昭和歌謡に親しもう

昭和歌謡に親しもう 文化

2月にランチタイムコン

1月21日号

青学生が環境教育を支援

青学生が環境教育を支援 文化

小中学生向け動画を制作

1月21日号

「110番の日」に啓発

「110番の日」に啓発 社会

清水春花さんが一日署長

1月21日号

自宅で楽しむお話会

自宅で楽しむお話会 社会

市内図書館が配信

1月21日号

自転車事故、県内で最多

自転車事故、県内で最多 社会

相模原署「ルール順守を」

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 新しい学習資料展

    相模原市立博物館レポvol.21

    新しい学習資料展

    民俗担当学芸員 山本菜摘

    1月14日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク