さがみはら中央区版 掲載号:2017年7月27日号 エリアトップへ

「溝の誇り」胸に 圧巻の渡御 上溝夏祭り 40万人が歓喜

文化

掲載号:2017年7月27日号

  • LINE
  • hatena
上溝夏祭りならではの「神輿もみ」を見せる五部会(右上) 各地区の神輿の先導役(左上、右下) 大人に負け時と元気に神輿を担ぐ子どもたち(下中央) 多くの人で賑わった通り(左下)
上溝夏祭りならではの「神輿もみ」を見せる五部会(右上) 各地区の神輿の先導役(左上、右下) 大人に負け時と元気に神輿を担ぐ子どもたち(下中央) 多くの人で賑わった通り(左下)

 歴史は江戸時代にまで遡り、今では県北最大級を誇る「上溝夏祭り」が22、23日の2日間にわたって行われ、両日あわせて延べ40万人が来場した。

 本宮の23日には、12基の神輿と8台の山車が上溝本町交差点付近に集結。加山俊夫市長の拍子木の合図で一斉に神輿の渡御が始まると、担ぎ手たちの威勢の良い掛け声とともに、沿道からは歓声が上がった。

 そんな中、一際盛り上がりを見せたのが、「神輿もみ」と呼ばれる、神輿を上下に揺らす上溝ならではの見せ場。先導役の合図のもと、神輿が上下に荒々しく揺らされると、会場は大いに沸いた。

 露店が軒を連ねた沿道が神輿の渡御、山車の巡行の舞台となる上溝夏祭り。会場が一体となり、神輿の担ぎ手の熱気や山車上の太鼓の叩き手、踊り手の表情を間近に見ることができるのもこの祭りの醍醐味の一つ。地元・上溝の各地区の住民をはじめ、実行委員会や商店街が伝統を盛り上げ、守ろうとする姿が今年も垣間見られた。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

メイプルフリマ開催

メイプルフリマ開催 経済

10月31日(日) 午前10時から

10月21日号

クラシックで秋を優雅に

クラシックで秋を優雅に 文化

27日 ランチタイムコン

10月21日号

市長とまちづくりを語る

市長とまちづくりを語る 社会

10月22日 JCが例会配信

10月21日号

「森の素晴らしさ知って」

「森の素晴らしさ知って」 社会

下草刈りボラ参加者募集

10月21日号

SDGsカルタを寄贈

SDGsカルタを寄贈 社会

 啓発団体が制作

10月21日号

アマゾン探検、延長に

アマゾン探検、延長に 文化

相模川ふれあい科学館

10月21日号

あっとほーむデスク

  • 10月21日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  •  縄文世界を見に行こう!

    相模原市立博物館レポvol.23文化財×博物館×図書館×旧石器ハテナ館連携事業

     縄文世界を見に行こう!

    「世界遺産じゃないけど相模原にもある縄文遺跡群」博物館考古担当学芸員 河本雅人・長澤有史

    10月21日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook