さがみはら中央区版 掲載号:2017年9月28日号 エリアトップへ

冥王星地名に「はやぶさ」

社会

掲載号:2017年9月28日号

  • LINE
  • hatena

 国際天文学連合(以下IAU)の7日発表のプレスリリースで、冥王星表面の地名の中に「Hayabusa Terra」の名があったことがこのほどわかった。JAXA・宇宙航空研究開発機構はホームページで、画面付きで小惑星探査機「はやぶさ」にちなんだ名称だと紹介している。

 惑星表面の地名はIAUのグループの審議で決まる。発表では、冥王星表面の地形について14の名称が示された。今回決まった名称の中には冥王星を発見した米国の天文学者のクライド・トンボー、世界初の人工衛星・旧ソ連のスプートニク、米国の惑星探査機・ボイジャーの名も連ねていることから「はやぶさ」の名が世界的に評価されたことがうかがえる。

 JAXAの吉川真はやぶさ2プロジェクトマネージャは「スプートニクと並んで選ばれるとは大変光栄だ」と喜びを表している。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

共生めざす作文で初入賞

共生めざす作文で初入賞 社会

向江さん、志田さん

1月21日号

昭和歌謡に親しもう

昭和歌謡に親しもう 文化

2月にランチタイムコン

1月21日号

青学生が環境教育を支援

青学生が環境教育を支援 文化

小中学生向け動画を制作

1月21日号

「110番の日」に啓発

「110番の日」に啓発 社会

清水春花さんが一日署長

1月21日号

自宅で楽しむお話会

自宅で楽しむお話会 社会

市内図書館が配信

1月21日号

自転車事故、県内で最多

自転車事故、県内で最多 社会

相模原署「ルール順守を」

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 新しい学習資料展

    相模原市立博物館レポvol.21

    新しい学習資料展

    民俗担当学芸員 山本菜摘

    1月14日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク