さがみはら中央区版 掲載号:2018年3月15日号 エリアトップへ

「口ずさんでくれたら最高」 ボーイズ新曲 制作秘話

文化

掲載号:2018年3月15日号

  • LINE
  • hatena

 中央区の魅力を発信する男子グループ・中央区さくら咲くボーイズ39の新曲『「Chu Ou Ku」ぼくら大好きHappy Town』が昨年末に完成した。その作詞・作曲を手がけたのが市内外で活躍する異色のレゲエバンド「MINAMOTO JAMS」。今回は制作のエピソードと、曲への思いについて聞いた。

 同バンドは共に中央中出身のボーカル・BOY MARとMINAOの2人がMINAMOTOとして活動する中、2008年、アコースティックギター1本とマイク2本というスタイルで結成。その後8人にメンバーを増やし、現在は、レゲエサウンドにひと味加えた独創的なスタンスで人気を博し、市内外で精力的にライブ活動を行っている。

 今回の作曲をめぐっては、同バンドの新曲の制作中と同時期に区からボーイズの新曲制作の依頼を受けたのが発端。当時、元気が出るような、ハッピーな曲を制作していたことから、同曲を基にして制作を開始した。新曲には区の意向に合わせてダンスの要素を織り交ぜ、ヒップホップとレゲエを融合。歌詞はあらかじめボーイズから集めた、中央区を連想させるキーワードを散りばめた。メロディーの中に入れる文字数の限度を超えるものがあった際に苦心したものの、韻を踏むなど工夫して調整。その後、3、4回にわたり楽器で音を出してのレコーデンィングで曲を整え完成させた。

 完成までの道のりについてBOY MARさんは、ライブ活動で歌うオリジナルの楽曲とは違い、子ども向けの言葉を使いながらも、レゲエミュージックとしての完成度を高める点に苦労したことを明かす。それでも、曲が評価を受けたことに「ほっとした」と頬を緩めた。「歌いやすく、なじみやすい」をテーマにこだわったという。

 曲への思いについてMINAOさんは「中学から相模原に来て、とてもお世話になった。相模原はすごく面白い場所。その思いが皆さんに伝わって、歌ってもらえるような曲になって羽ばたいてほしい」。BOY MARさんは「これまでも相模原に関する歌詞を入れたりしていたが、この曲でやっと堂々と、相模原を全面に出せたかなと思う。皆さんの耳に触れ、口ずさんでくれたら最高」と話す。

 ボーイズの新曲は市民桜まつりの2日目となる4月8日(日)に初披露。BOY MARさん、NINAOさんもボーイズと共にステージで歌う予定だ。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

半世紀の家づくりを披露

二本松の梅澤木材

半世紀の家づくりを披露 経済

5月19日号

ライズはDivisionAに

【Web限定記事】X1リーグ新シーズン

ライズはDivisionAに スポーツ

6チームによるリーグ戦9月に開幕

5月19日号

3年ぶり有観客

自転車ロードレース

3年ぶり有観客 スポーツ

5月21日 TOJ相模原ステージ

5月19日号

手作り「たなワン」勢ぞろい

手作り「たなワン」勢ぞろい 文化

田名公民館で作品展

5月19日号

休日はフリマへ

休日はフリマへ 経済

5月29日 メイプルホール

5月19日号

22日 淵野辺でマルシェ

22日 淵野辺でマルシェ 文化

キッチンカーも集合

5月19日号

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook