さがみはら中央区版 掲載号:2018年10月25日号
  • LINE
  • hatena

お稽古は「交流の場」 手芸講座の受講者に聞く

文化

右から山本さん、金子さん、講師の萩生田武子さん、市川さん
右から山本さん、金子さん、講師の萩生田武子さん、市川さん
 月に一度、相模原カルチャーセンターで「ちりめん布遊び」講座に通い、ちりめんでの手芸を習う市川和美さん(82)、金子恭子さん(71)、山本悦子さん(70)。3人とも、講座が始まった当初から習い出し、現在で約7年になる。今回は3人にお稽古の魅力と長く続ける理由を聞いた。

 金子さんがお稽古を始めたきっかけは仕事を退職したこと。心機一転、新しいことに挑戦するために、幼い頃からの特技である手先の器用さを生かせるお稽古を探した。

 市川さんと山本さんはこれまで様々なお稽古を経験し、合計すると20年以上にもなるというベテラン。現在も幾つかのお稽古を掛け持ちしている。

 3人とも当初、ちりめんでの手芸は初心者で、入会時に知り合いはいなかったという。だが現在では講座後、決まってお茶を囲んでおしゃべりに興じるなど、親交が深まっている。「作品が完成したときの喜びはもちろん、和気あいあいとした雰囲気が楽しい」と市川さん。金子さん、山本さんも「お稽古場でできた友達に会えるのが今も続ける理由の一つ」と話す。

 「月に一度の楽しみ」と話す3人にとってお稽古は生活の一部であり、他の生徒との交流の場でもある。3人は「好きなことだから、元気な限り続けたい」と口をそろえる。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク