さがみはら中央区版 掲載号:2018年10月25日号 エリアトップへ

お稽古は「交流の場」 手芸講座の受講者に聞く

文化

掲載号:2018年10月25日号

  • LINE
  • hatena
右から山本さん、金子さん、講師の萩生田武子さん、市川さん
右から山本さん、金子さん、講師の萩生田武子さん、市川さん

 月に一度、相模原カルチャーセンターで「ちりめん布遊び」講座に通い、ちりめんでの手芸を習う市川和美さん(82)、金子恭子さん(71)、山本悦子さん(70)。3人とも、講座が始まった当初から習い出し、現在で約7年になる。今回は3人にお稽古の魅力と長く続ける理由を聞いた。

 金子さんがお稽古を始めたきっかけは仕事を退職したこと。心機一転、新しいことに挑戦するために、幼い頃からの特技である手先の器用さを生かせるお稽古を探した。

 市川さんと山本さんはこれまで様々なお稽古を経験し、合計すると20年以上にもなるというベテラン。現在も幾つかのお稽古を掛け持ちしている。

 3人とも当初、ちりめんでの手芸は初心者で、入会時に知り合いはいなかったという。だが現在では講座後、決まってお茶を囲んでおしゃべりに興じるなど、親交が深まっている。「作品が完成したときの喜びはもちろん、和気あいあいとした雰囲気が楽しい」と市川さん。金子さん、山本さんも「お稽古場でできた友達に会えるのが今も続ける理由の一つ」と話す。

 「月に一度の楽しみ」と話す3人にとってお稽古は生活の一部であり、他の生徒との交流の場でもある。3人は「好きなことだから、元気な限り続けたい」と口をそろえる。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

老若男女にぎわう風物詩

SC、京都に敗戦

サッカーJ2

SC、京都に敗戦 スポーツ

ユーリが得点も届かず

10月14日号

地域の鎮守 村富神社

矢部を見守り348年

地域の鎮守 村富神社 文化

10月14日号

農業体験「大きく育ったね」

農業体験「大きく育ったね」 文化

ビレッジ若あゆで稲刈り

10月14日号

「4R」で循環型社会へ

「4R」で循環型社会へ 社会

10月末までキャンペーン

10月14日号

ライズ、開幕から3連敗

ライズ、開幕から3連敗 スポーツ

オービックを前に沈む

10月14日号

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook