さがみはら中央区版 掲載号:2019年2月14日号
  • LINE
  • hatena

変遷伝えるひな人形 田名資料館で400体展示

文化

江戸から昭和までのひな人形が展示されている会場=7日
江戸から昭和までのひな人形が展示されている会場=7日

 3月3日の桃の節句を前に、相模田名民家資料館(田名4856の2)では、ひな人形展が開催されている。

 近隣住民らの寄付で集まったひな人形を一挙に展示する同展。今年は例年を上回る約400体が飾られている。最も古いものは1700年代前半の享保年間製とされる一対。衣装や顔つきの変化などから時代の変遷を感じてみては。その他、今年は掛け軸やつるしびな、繭でできた高さ1cm程の手作りひななども展示されている。

 展示は3月3日(日)までの午前10時から午後4時。期間中は無休で、入場無料。2月24日(日)と3月2・3日(土日)には来場者に甘酒が振る舞われる。問い合わせは同館【電話】042・761・7118へ。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月18日0:00更新

  • 4月11日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月25日号

お問い合わせ

外部リンク