さがみはら中央区版 掲載号:2019年2月14日号 エリアトップへ

社交ダンス・ホワイトン謙心(けんしん)君、夏奈実(かなみ)さん兄妹(上溝在住) 小学生ダンサー、頂点へ 「踊りが楽しくて仕方ない」

スポーツ

掲載号:2019年2月14日号

  • LINE
  • hatena
海外の公式戦で堂々とした踊りを披露する二人=所属チーム提供
海外の公式戦で堂々とした踊りを披露する二人=所属チーム提供

互いに切磋琢磨し夢追う

 社交の場や競技会で音楽に合わせ、男女一組で踊りを披露する社交ダンス。アメリカ人の父と日本人の母を持つ小学生ダンサーとして数々の競技会で賞を総なめにし、その名を轟かせる兄妹がいる。上溝小6年の兄・ホワイトン謙心君と5年の妹・夏奈実さん=D.T.Sジュニア相模原所属=だ。小学生にして輝かしい経歴を持つ二人だが、その目はすでに世界を見据えている。

 社交ダンスは、男女が組んだままで踊る「スタンダード」と、自由な動きをする「ラテン」の大きく2つに分かれる。同競技との出合いは謙心君が3歳、夏奈実さんが2歳の頃。祖母に連れられ緑区・橋本台にあるスタジオを訪れたことがきっかけ。振りで曲を表現することなどダンスの魅力に惹かれ、どんどんのめり込んでいった。練習を重ね実力を付けた二人は、小学1年と年長時に国内の大会で初優勝を飾ると、以降、国内の11歳以下の部門で表彰台を独占。昨年からは15歳以下の部門に出場しており、年上相手にも引けを取らない堂々とした踊りを披露。ジュニアランキングではスタンダード、ラテン共に3位につけている。自分たちの強みについて謙心君は「どのカップルよりも、心から楽しむ気持ちがダンスに表れていると思う」と話す。

ストイックに実力つける

 同年代では日本に敵なしと言っても過言でない二人。その実力は確かな練習量とひたむきな姿勢に裏打ちされる。平日は学校帰りに約2時間、土日は4時間以上スタジオで猛練習。自主練習にも積極的で、自分たちの踊りを録画して確認しつつ細かい動きを改善している。「もっとうまくなりたい。きつい練習もあるが、楽しいと思えるようになるまで技術を磨いている」

 こうした中、2017年2月。二人はコペンハーゲンで初の世界大会に出場。社交ダンスが盛んな欧州の強豪たちが集まる中、決勝進出を果たした。優勝は逃すも、初出場で好成績を収めた二人。だが、「世界で優勝する人は技術が本当にうまかった。自分たちはまだまだ」と謙虚に話す。

「プロ・アマで世界一に」

 夢は「プロ・アマ両方で世界チャンピオンになること」と謙心君。今はダンス技術が向上していくことに喜びを感じているという。一方で夏奈実さんは、チャンピオンをめざしつつ、大好きな社交ダンスの曲と踊りの魅力を伝えられる指導者をめざしている。

 堅実な性格の謙心君と前向きさが特長の夏奈実さん。本番で納得いく踊りができなければ夏奈実さんが励まし、ハードな練習にくじけそうなときは謙心君が引っ張るなど、互いを鼓舞する。性格は正反対な二人だが、「ダンスが楽しくて仕方ない」という思いは同じ。兄妹で心を一つに、大好きな社交ダンスの世界を駆け上がる。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

「本で時間を有意義に」

「本で時間を有意義に」 文化

予約図書の貸し出し再開

6月4日号

市スポ協 HPで動画紹介

市スポ協 HPで動画紹介 文化

自宅での運動推進を図る

6月4日号

中RC、市へマスク1万枚

中RC、市へマスク1万枚 社会

台湾の友好クラブから

6月4日号

除菌液の配布場所が変更

住民掲示板を鑑賞の場に

住民掲示板を鑑賞の場に 文化

久保原自治会で活性事業

6月4日号

屋外施設の利用を再開

相模原市

屋外施設の利用を再開 社会

予約も随時受付中

6月4日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 県政の課題を問う

    県政報告Vol.43

    県政の課題を問う

    自民党県議会議員 河本(かわもと)文雄(ふみお)

    5月28日号

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月21日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク