さがみはら中央区版 掲載号:2019年2月28日号 エリアトップへ

市内ゼロも増加の恐れ 「麻しん感染に注意を」

社会

掲載号:2019年2月28日号

  • LINE
  • hatena

 相模原市感染症情報センターでは現在、麻しん(はしか)感染への注意を呼びかけている。

 麻しんは、ウイルスによって引き起こされる全身感染症で、高熱や全身の発疹、咳や鼻水、のどの痛みなどが特徴。接触、飛沫だけでなく空気感染もあり非常に感染力が強く、免疫を持っていない人が感染するとほぼ100%発症するという。手洗いやマスクでは予防ができず、肺炎や脳炎を合併して死亡するケースもある。

 同センターによると、市内ではまだ確認されていないが、県内では今年に入ってから7人が発症(14日時点)。近隣の自治体からの報告も上がっており、今後増加する恐れがあるという。日本は「麻しん排除状態」として国際的に認定を受けているが、海外では多くの国で流行。タイやフィリピンといった東南アジアや、イタリアなどヨーロッパからのウイルスの輸入が継続して報告されている状況だ。「感染者と同じ部屋にいるだけでも、免疫がなければ発症する可能性がある。いかに感染を防ぐかが大切」と担当者は話す。

予防接種で対策

 麻しんは発症すると特異的な治療法がないが、予防接種が有効とされている。「小学生以上で麻しんの罹患歴がない場合は、2回の予防接種が命を救うかもしれない」と同センター。大人など任意の予防接種を希望する人は、各医療機関に問い合わせの上、直接予約を。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

「白木祭」公開延期に

「白木祭」公開延期に 教育

花火打ち上げは実施予定

1月14日号

「実富士(みのるふじ)」として角界へ

相模原市出身森田さん

「実富士(みのるふじ)」として角界へ スポーツ

1月場所でデビュー

1月14日号

朝市と骨董市、共に中止に

上溝商店街

朝市と骨董市、共に中止に 経済

宣言受け感染拡大に配慮

1月14日号

SDGsパートナー認定

SDGsパートナー認定 社会

市、当社含む115者に

1月14日号

コロナに負けず伝統継承

相模原弥栄高校

コロナに負けず伝統継承 教育

スポーツ実技を披露

1月14日号

相模原市にマスク等寄贈

徳永ビル

相模原市にマスク等寄贈 社会

コロナの影響広がる中で

1月14日号

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク