さがみはら中央区版 掲載号:2020年9月17日号 エリアトップへ

「園に大きなバスが来た」 YM交通がボラで出張

教育

掲載号:2020年9月17日号

  • LINE
  • hatena
カラーコーンを置いたりぬいぐるみを動かしたりして運転席からの死角を園児に説明するYM交通社員=9日
カラーコーンを置いたりぬいぐるみを動かしたりして運転席からの死角を園児に説明するYM交通社員=9日

 東淵野辺のたけのうちこども園(尾野宏美園長)に9日、大型観光バスが出現した。普段乗る機会の少ない大きなバスに園児は大喜び。束の間の遠足気分を味わった。

 これは、企業の送迎、団体やグループでの観光旅行、各種学校の遠足などさまざまなシーンで貸切バス事業を展開するYM交通(清新・山口誠志社長)が行ったボランティア企画。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で観光業務が滞った同社では、大型バスを活用して地域の子どもたちに喜んでもらえるような企画を模索。取引先であった同園に赴き、バス乗車体験を実施した。相模原警察署にも協力を呼びかけて、同時に交通安全教室も行う運びとなった。

 この日は5歳児24人が2グループに分かれ、交互にバスに乗車した。園児からは「広い」「楽しい」とはしゃぐ声。席に着いて前方のモニターで交通安全のDVDを観た後は、一人ずつ運転席に座って記念撮影をし、その際には大型車両の運転席からは目で見えない死角が生じることも確認した。もう一方のグループは同署員の話を聞きながら、園庭に描かれた横断歩道を、左右を確認し手を挙げて歩行。白バイの体験乗車も楽しんだ。尾野園長は「コロナの影響で大型バスでの遠足も中止となった。子どもたちは大型バスに乗ることができ、交通安全教室もあってうれしそうだった」と話した。

 2月以降、コロナ禍で業務のキャンセルが相次ぎ、「経験したことがないような状況に追い込まれた」というYM交通の山口社長は、「絶望の日々の中、お世話になっている方たちに何かできないかと、社員が発案した企画。今後も希望していただけるのであれば、他の園でも開催したい」と述べた。

 同社は2日にも、近隣にあるたけのうち幼稚園で同様の取り組みを行っている。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

「白木祭」公開延期に

「白木祭」公開延期に 教育

花火打ち上げは実施予定

1月14日号

「実富士(みのるふじ)」として角界へ

相模原市出身森田さん

「実富士(みのるふじ)」として角界へ スポーツ

1月場所でデビュー

1月14日号

朝市と骨董市、共に中止に

上溝商店街

朝市と骨董市、共に中止に 経済

宣言受け感染拡大に配慮

1月14日号

SDGsパートナー認定

SDGsパートナー認定 社会

市、当社含む115者に

1月14日号

コロナに負けず伝統継承

相模原弥栄高校

コロナに負けず伝統継承 教育

スポーツ実技を披露

1月14日号

相模原市にマスク等寄贈

徳永ビル

相模原市にマスク等寄贈 社会

コロナの影響広がる中で

1月14日号

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク