さがみはら中央区版 掲載号:2020年11月26日号 エリアトップへ

「来年は皆さんと一緒に」 代替花火、田名の空に咲く

文化

掲載号:2020年11月26日号

  • LINE
  • hatena
整備が進む高田橋下流の河川敷から打ち上げられた花火=22日
整備が進む高田橋下流の河川敷から打ち上げられた花火=22日

 コロナ禍で通常開催が中止になった相模原納涼花火大会の代替事業第3弾として、同大会実行委員会(久野新一実行委員長)による打ち上げ花火が22日、高田橋と望地弁天キャンプ場近くの相模川河川敷で実施された。

 「花火で市民に元気を」と実行委により行われてきた「さがみはら元気花火」の最後を飾る打ち上げ。天候に恵まれた当日は2号から4号玉を中心に、大きな7号玉を含めた約1千発の花火が空気の澄んだ初冬の夜空に放たれ、およそ15分間、川面を照らした。

 同実行委は、昨年10月の台風19号による増水で被害を受けた河川敷の整備費用をクラウドファンディングで募った。第3弾開催はその支援状況によって判断するとされていた。第2弾までと同様に3密回避のため会場は非公開とされ、今回は日時も公表していなかった。クラファンでは229万円超の支援が集まり、11月中旬から河川敷の整備が始まっている。

 久野実行委員長は一連の事業を終え「皆さんをお呼びすることはできなかったが、来年の開催に向けての橋渡しにもなったと思う。より多くの方に届くよう最後は大きな玉も用意した。花火で少しでも前向きな気持ちになってもらえたら。クラファンでは全国からお気持ちをいただいた。コロナを乗り切り、皆さんと一緒に観られる花火にしていきたい」と話した。

低価格の安心リフォーム!

品質と価格で選ばれているアイテリアナカムラにお任せください!

https://aiteria-n.co.jp/

<PR>

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

約3700万円の「恩返し」

緑区地域医療を支える会

約3700万円の「恩返し」 社会

コロナ奮闘  協同病院へ寄付

2月25日号

東京五輪へ 弾みの3冠

東京五輪へ 弾みの3冠 スポーツ

競泳・小堀さん 優勝を報告

2月25日号

家で食品サンプルづくり

家で食品サンプルづくり 文化

星が丘公民館が動画配信

2月25日号

司令塔対決で魅了

三菱重工相模原

司令塔対決で魅了 教育

NZ代表の美技随所に

2月25日号

「初めてのJ2、楽しみたい」

2021開幕、三浦文丈監督インタビュー

「初めてのJ2、楽しみたい」 スポーツ

目標は勝ち点50

2月25日号

ノジマ、新シーズン始動

ノジマ、新シーズン始動 スポーツ

WEリーグ開幕に向け

2月25日号

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

  • 2月11日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク