さがみはら中央区版 掲載号:2021年1月21日号 エリアトップへ

「正しい分別」もSDGs 市環境事業協同組合

社会

掲載号:2021年1月21日号

  • LINE
  • hatena
昨年12月に行われた交付式で本村賢太郎市長(右)から登録証盾を受け取る原理事長
昨年12月に行われた交付式で本村賢太郎市長(右)から登録証盾を受け取る原理事長

 相模原市環境事業協同組合(原正弘理事長)は市内のごみ・資源集積場所から資源・容器包装プラスチックを収集し、運搬する業務を市から受託している。昨年12月、さがみはらSDGsパートナーに登録された。

 廃棄物処理業者による組合であり、事業のすベてが目標達成につながる。資源回収業務の中でごみ削減に取り組み、「さがみはら地球温暖化対策協議会」会員として温暖化対策にも勤しむ。

 今後もSDGsの実現へ向け市と連携し、正しい分別、家庭での食品ロス削減など「3R」(リデュース・リユース・リサイクル※相模原はこれにリフューズを加えた4R)の推進に注力する。廃棄物の減量化・資源化を図るとともに食品ロスや廃プラスチックによる海洋汚染への問題にも取り組んでいく考えだ。

 原理事長は、「SDGsをよく知らないという方も、分別をしている時点でSDGsを実践している。SDGsは身近にあることを知って欲しい」と呼びかけ、「今後もしっかりと分別していただき、私たちはその協力を無駄にしないよう資源循環に取り組み、SDGsにつなげていきたい」と話した。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

オカリナの音色 春彩る

オカリナの音色 春彩る 文化

28日 ランチタイムコン

4月15日号

「溝の朝市」今年初開催

上溝商店街

「溝の朝市」今年初開催 経済

23日からは七福神めぐり

4月15日号

2万年前の遺跡がここに

陽光台1丁目公園

2万年前の遺跡がここに 文化

地元自治会が説明板設置

4月15日号

子どものやる気の育て方

オンラインセミナー

子どものやる気の育て方 教育

5月18日 参加無料

4月15日号

「事故死ゼロ」めざし訴え

「事故死ゼロ」めざし訴え 社会

春の交通安全運動で啓発

4月15日号

「みんなで歌おう」中止に

「みんなで歌おう」中止に 文化

24日予定の会 コロナで

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter