さがみはら中央区版 掲載号:2021年6月24日号 エリアトップへ

「飲んで」フードロス対策 SDGsパートナーと連携

社会

掲載号:2021年6月24日号

  • LINE
  • hatena
フードロス対策自販機の前で拍手を送る本村市長と市川部長=4日
フードロス対策自販機の前で拍手を送る本村市長と市川部長=4日

 相模原市は4日、コカ・コーラ ボトラーズジャパンと「フードロス対策自販機による実証実験に関する協定」を締結した。これにより同日から市役所本庁舎1階ロビーに、賞味期限が近くなった飲料を通常価格より安価で販売することでフードロスを防ぐ自動販売機が設置された。この取り組みは県内では初となる。

 同社は市と連携して達成に向けて取り組む「さがみはらSDGsパートナー」に登録している。同協定はその連携事業の一環として締結。「フードロス対策自動販売機」の設置を2023年3月31日まで実証実験形式で行う。市と同社はこの取り組みを通して市民へ食品ロス削減の意識啓発を図り、SDGs達成につなげていくための有効性を検証する。

 自動販売機では通常製品も販売されるが、余剰在庫となり賞味期限が約2カ月後に迫った「コカ・コーラ」をはじめとした飲料を通常より数十円程度安価で販売。このような製品は品質に差はないものの、通常は廃棄される。飲み物のラインナップは季節やその時の余剰製品によって変わる。

 この自動販売機の売上の一部は市へ寄付され、SDGsの推進に寄与する事業の費用として使用される。

 締結式で本村賢太郎市長は「フードロス対策はSDGs達成のために必要不可欠な脱炭素、飢餓や貧困を乗り越えることにつながる。この自動販売機は市民の皆様にも親しみを持ってもらえるだろう」と話した。同社の市川朋弘関東地区統括部長は「SDGsパートナーとしてこの実証実験を成功させたい」と意気込んだ。
 

シニアの方必見!

10月2日・3日開催 地方公共団体等退職予定者向け採用説明会・相談会

https://www.kmes-kanagawa.or.jp/

<PR>

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

受け入れ万全で評価

五輪総括(上)

受け入れ万全で評価 スポーツ

事前キャンプ・聖火リレー

9月23日号

期間は9月30日まで

キャッシュバック

期間は9月30日まで 経済

 市「早めの利用を」

9月23日号

横山に新ワークスペース

横山に新ワークスペース 経済

柔軟な働き方に対応

9月23日号

直筆サイン プレゼント

石川雄洋選手

直筆サイン プレゼント 文化

9月23日号

「好奇心が原動力」

星が丘在住 加藤さん

「好奇心が原動力」 文化

電子画集を67冊刊行

9月23日号

相模原市、100歳以上は305人

【Web限定記事】

相模原市、100歳以上は305人 社会

最高齢は南区在住の110歳女性

9月23日号

あっとほーむデスク

  • 9月23日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook