さがみはら中央区版 掲載号:2021年9月23日号 エリアトップへ

星が丘在住 加藤さん 「好奇心が原動力」 電子画集を67冊刊行

文化

掲載号:2021年9月23日号

  • LINE
  • hatena

 会社勤めを引退してから17年、加藤忠一さん(80)の創作活動は淡彩スケッチの電子画集67冊に及び、描いた絵は5000枚を超える。現在も1日1枚、スケッチを描き続ける原動力について「好奇心によって次々と描きたいテーマが思い浮かぶ」と語る。

 製鉄会社の研究職として勤めていた頃から「リタイア後は自分の興味を突き詰めたい」と考えていた加藤さん。63歳で退職し、自費出版の専門書3冊を世に送り出した。

 その後、誰でも無料で本を発表できることやスケッチの色を原色に近く再現できる点に魅力を感じ、74歳から電子画集の刊行に挑戦。これまで描いたテーマは花々などの自然を始め、酒蔵や相撲、東京の居酒屋など多岐にわたる。

 「何事も一生懸命積み上げてきた。達成感を感じる」と振り返る加藤さん。「好きなことを見つけられた僕は非常に幸い。1つ趣味があればいろんな道に広がっていく」と笑顔で話した。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

メイプルフリマ開催

メイプルフリマ開催 経済

10月31日(日) 午前10時から

10月21日号

クラシックで秋を優雅に

クラシックで秋を優雅に 文化

27日 ランチタイムコン

10月21日号

市長とまちづくりを語る

市長とまちづくりを語る 社会

10月22日 JCが例会配信

10月21日号

「森の素晴らしさ知って」

「森の素晴らしさ知って」 社会

下草刈りボラ参加者募集

10月21日号

SDGsカルタを寄贈

SDGsカルタを寄贈 社会

 啓発団体が制作

10月21日号

アマゾン探検、延長に

アマゾン探検、延長に 文化

相模川ふれあい科学館

10月21日号

あっとほーむデスク

  • 10月21日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  •  縄文世界を見に行こう!

    相模原市立博物館レポvol.23文化財×博物館×図書館×旧石器ハテナ館連携事業

     縄文世界を見に行こう!

    「世界遺産じゃないけど相模原にもある縄文遺跡群」博物館考古担当学芸員 河本雅人・長澤有史

    10月21日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook