さがみはら中央区版 掲載号:2022年1月13日号 エリアトップへ

区在住格闘家 RAN選手 昨年最終戦は判定で惜敗 「今が底辺、後は上るだけ」

スポーツ

掲載号:2022年1月13日号

  • LINE
  • hatena
ハイキックを決めるRAN選手=K-1事務局提供
ハイキックを決めるRAN選手=K-1事務局提供

 超破壊型打撃格闘技を掲げる「Krush・132」が昨年12月18日に後楽園ホールで行われ、田名塩田在住のRAN選手(MONKEY☆MAGIC KICKBOXING STUDIO所属)が女子フライ級に出場し、池内紀子選手(POWER OF DREAM所属)と対戦した。

 先制攻撃を仕掛けられるも、キックを放ちながら接近戦を回避するRAN選手。1ラウンド(R)目に重いローキックを打ちこんだが、2R以降は「必死になって」パンチ中心の打ち合いとなる。池内選手とは身長差11cmとリーチの差が大きく、勢いのある攻撃に間合いを詰められ攻めきれない場面が続いた。

 ジャッジは3者とも29対30で池内選手が上回り、惜しくも判定で敗れる結果となった。

 「様子を見ながらで後手に回ってしまった」と試合を振り返るRAN選手。今も目標は変わらず「成人式にベルトをかけて出席すること」。1年後に迫った今年、「今が底辺だと思えば、後は上るだけ。折れずにまた頑張っていきます」と意気込みを見せた。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

空気感を描写

空気感を描写 文化

誠文堂で原陽子個展

5月12日号

歴代ポスターを紹介

相模原市民ギャラリー

歴代ポスターを紹介 文化

25周年記念企画展

5月12日号

地域と連携、学びに生かす

柴胡の会

地域と連携、学びに生かす 教育

地元団体らと研究会

5月12日号

医療的ケア児へ支援拡充

医療的ケア児へ支援拡充 社会

相談窓口を新設

5月12日号

大輪のバラ 市民に公開

アマの力作募集

フォトシティさがみはら

アマの力作募集 文化

応募締め切り6月24日

5月12日号

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook