さがみはら中央区版 掲載号:2022年2月10日号 エリアトップへ

津久井産材 公共施設に木製ソファ 五輪レガシーで有効活用

スポーツ

掲載号:2022年2月10日号

  • LINE
  • hatena
市役所本庁舎本館1階ロビーに設置された木製ソファ。ソファ横には津久井産材を説明したプレート(右下)が置かれている
市役所本庁舎本館1階ロビーに設置された木製ソファ。ソファ横には津久井産材を説明したプレート(右下)が置かれている

 相模原市は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の選手村ビレッジプラザに提供し、大会終了後に返却された「さがみはら津久井産材」を、大会のレガシーとしての利用を開始した。市は「オリンピックのレガシーとしての利用と、さがみはら津久井産材の普及のためにも有効活用していきたい」と期待する。

 ビレッジプラザに提供していたのは、緑区佐野川地区から原木を切り出し、長竹の製材工場で乾燥、製材されたおよそ4トントラック1台分となる約8㎥のスギ。「相模原市」「Sagamihara City」の印字がされ、昨年の大会の際には選手村で使われていた。今回、ビレッジプラザからそのほとんどの木材が返却。市は大会のレガシーの一つとして、市内公共施設などに再利用することを検討していた。

 第1弾として再利用が決まったのは「木製ソファ」。大きさは幅150cm× 奥行 60cm × 高さ 45・5cmで、開孔などの加工をせずに組み上げる構造で、再利用することが可能な造りになっているのが特長だ。このソファを、相模原市役所本庁舎や緑・南区役所、津久井地区をはじめとする各地区のまちづくりセンター、市内3図書館、市立博物館など計21カ所に設置。さらに、木材を伐り出した地元に「木を還す」との思いから、藤野中学校にも置かれている。

 今後は第2弾として、本庁舎1階ロビーに、幅340cm×奥行83cm、高さ100cmで、オリ・パラ組織委員会から贈呈された記念エンブレム盾を埋め込む予定の「総合案内カウンター」を3月に設置。

 第3弾として、林業事業者などで構成される「さがみはら津久井産材利用拡大協議会」を通じて「積み木」を4月に製作し、イベントや子ども関連施設などで活用していく計画になっている。

  市森林政策課は「津久井産材の残りがどれくらいあるかにもよるが、今後も市民の意向を尊重して、オリンピックのレガシーとなるよう木材を有効活用していきたい」と話した。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

アマゾンを体験

ふれあい科学館

アマゾンを体験 文化

企画展 9月25日まで

8月11日号

清新中2年 小原さんが銅

女子レスリング

清新中2年 小原さんが銅 スポーツ

15歳以下アジア選手権で

8月11日号

K-1女子大会で勝利

田名塩田在住 RAN選手

K-1女子大会で勝利 スポーツ

8月11日号

初の祭りに笑顔咲く

上溝商店街

初の祭りに笑顔咲く 文化

夏祭りの来年開催も願う

8月11日号

子ども向け工作教室

よろずや

子ども向け工作教室 文化

8月13日・14日

8月11日号

「見えない障害」に理解を

高次脳機能障害

「見えない障害」に理解を 社会

当事者ら協力、冊子制作

8月11日号

出張サポート窓口開催中

マイナンバーカードの申請出張サポート窓口を市内の商業施設などで開催しています

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/tetsuzuki/1024432.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

  • 県政の課題を問う

    県政報告Vol.55

    県政の課題を問う

    自民党県議会議員 河本(かわもと)文雄(ふみお)

    8月4日号

あっとほーむデスク

  • 8月11日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

  • 7月28日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook