さがみはら中央区版 掲載号:2022年5月12日号 エリアトップへ

あすから公開企画

文化

掲載号:2022年5月12日号

  • LINE
  • hatena
自宅のバラを案内する野崎さん【左】/手づくりの庭を紹介する平原さん
自宅のバラを案内する野崎さん【左】/手づくりの庭を紹介する平原さん

 自宅や施設の庭を公開するイベント「さがみはらオープンガーデン特別公開デー」=左下画像=があす5月13日(金)からの3日間と27日(金)からの3日間に開催される。

 オープンガーデンは手入れがされた「自慢の庭」を一般の人に見てもらえるようにする、イギリス発祥の取り組み。市内では公益財団法人相模原市まち・みどり公社による事業として2004年に始まった。

 現在、登録ガーデンは40近くあり、今回の特別公開デーはそのうちの23カ所が対象となる。期間中は、それぞれ予約なしで直接訪問可能。各ガーデンの場所、公開期間などは、同法人のホームページやパンフレットで確認できる。

 問い合わせは、金曜日は【電話】042・751・6624(午前8時30分から午後5時)、土曜日・日曜日は【電話】080・7710・0411(午前9時から午後4時)。

 中央区内で公開されるガーデンのオーナー2人に話を聞いた。

「バラ」の野崎邸

 由野台の野崎邸は「バラとクレマチスの競演する庭」をテーマとし、庭にはバラ約100種類、クレマチス約70種類が咲き誇る。

 オーナーの野崎正義さんはおよそ20年前、退職を機に趣味としてガーデニングを始めた。花々の中でも存在感のあるバラが好みで、庭はバラ中心。年間を通じて手入れを怠らず丹精込めて育てており、中には父親から引き継ぎ30年以上管理を続けているものもあるそう。

 それまで「ひとりで楽しんでいた」が10年前、「オープンガーデン」に登録した。一般公開については「喜びを分かち合える」とやりがいを感じている。これまで新聞などメディアで取り上げられたことも多々あり、訪問者は、多い時は5、6月の2カ月間で650人に上ったという。

 庭の状況は随時、野崎さんのインスタグラム(アカウントは野崎まあちゃん)でわかるようになっている。「たくさんの方に見にきていただきたい」と呼びかける。

「庭」の平原邸

 相模原の平原邸は「草花を楽しみながら憩うガーデン」をテーマとし、約40種類のバラのほか、クレマチスやジギタリス、カンパニュラが庭を華やかに彩る。

 設計や都市計画の仕事に従事していたオーナーの平原恒夫さんは、「体を動かせるうちに」と56歳で庭づくりに取り掛かり以来、コツコツと整備しおよそ20年かけて現在の姿にたどり着いた。「立った時に見える立体感」にこだわり、仕事で培った知識や技術を生かした本格的なデザインに。テーブルや柵、パーゴラ(屋根)、ガレージなどもすべて平原さんの手作りだ。「人が集まって楽しむための場所になれば」という思いの通り、居心地の良い空間となっている。

 11年前、オープンガーデンに登録。特別公開の期間は例年約120人が訪れるという。

 「登録している仲間から、バラの育て方を教えてもらった」と、平原さんは登録者同士の交流も楽しんでいる。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

校庭でのびのびスポーツ

校庭でのびのびスポーツ 教育

富士見小で児童向け事業

6月23日号

童謡・唱歌を一緒に歌おう

童謡・唱歌を一緒に歌おう 文化

6月25日 杜のホール

6月23日号

給食に星形ハンバーグ

はやぶさの日

給食に星形ハンバーグ 教育

6月23日号

露軍侵攻「耐えられない」

ウクライナ音楽家

露軍侵攻「耐えられない」 社会

6月23日号

まちづくりプラン表彰

人物風土記関連記事

まちづくりプラン表彰 社会

上溝で具現化に向け活動

6月23日号

還付金詐欺 未然に防ぐ

区内在勤 村上さん

還付金詐欺 未然に防ぐ 社会

相模原署から感謝状

6月23日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook