茅ヶ崎版 掲載号:2017年9月29日号 エリアトップへ

学校給食 19年に全公立小自校方式へ 共同調理場跡地利用は未定

教育

掲載号:2017年9月29日号

  • LINE
  • hatena

 大磯町の中学校の食べ残し問題で注目が集まる学校給食。茅ヶ崎市の公立校学校給食について、市教育総務部学務課を取材した。

小学校は全校自校方式へ

 市内の全公立小学校19校では現在、主食とおかずに牛乳がついた「完全給食」を提供している。

 提供方法は、学校敷地内の単独調理場で調理する「単独校調理方式」(自校方式)が18校。今宿小学校のみ、敷地外の共同調理場から配達される「共同調理場方式」(センター方式)を採用している。

 自校方式のうち、小和田小学校は昨年度までセンター方式で、今年4月から移行。今宿小学校も2019年度からの供用をめざし、敷地内に調理場の整備が進められている。

 既存の共同調理場は1972年9月の供用開始。今宿小学校が自校方式に移行後は廃止される予定で、その後の土地活用は未定。9月22日の茅ヶ崎市議会に「市学校給食共同調理場を、中学校完全給食実現のため再整備、または建設を求める陳情」が提出されたが、賛成少数で否決されている。

中学校の業者弁当は難航

 公立中学校は、市内全校で牛乳のみ提供する「牛乳給食」を実施。昼食は家庭から弁当などの持参を基本としている。

 「弁当作りが困難な場合もある」という保護者からの声を受け、2014年度から業者弁当の試行販売を開始。市内業者に委託し、配達エリア内の梅田中学校と赤羽根中学校で実施していた。

 しかし、業務多忙などを理由に業者が翌15年に委託を辞退。新たに「セブンミール『おまかせ御膳』」を提供する(株)セブンミールサービスおよび(株)セブンイレブンジャパンが委託業者となった。2校に加え、同年9月から松浪中学校、浜須賀中学校でも実施されることになったが、配達車両や人員不足などを理由に15年度いっぱいで梅田中、赤羽根中の配達が終了。17年度現在は松浪中学校、浜須賀中学校の2校で継続して実施されている。

 現在販売されている弁当は「管理栄養士監修やアレルギー、添加物対策など食育面の評価も高いが、1食税込510円という値段、申し込みが前日までという制約などから、利用率は低いよう」と同課。昨年度は2校平均、1日1・4個の注文に留まっている。

 同課は「アレルギー対応や食育からも、自校方式の評価は高く、中学校でもという声は根強い。まずは全小学校の自校方式給食整備に尽力したい」と話した。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

パイプオルガンコンサート

平和学園

パイプオルガンコンサート 文化

12月11日 先着250人

12月3日号

自分の健康は自分で守ろう

「おしごと」の大切さ体験

市内小学生と保護者ら 茅ヶ崎YEG

「おしごと」の大切さ体験 社会

12月3日号

茅ヶ崎から「宇宙」へ飛躍

円蔵に本社 (株)由紀精密

茅ヶ崎から「宇宙」へ飛躍 経済

超小型人工衛星のエンジンを開発

12月3日号

空手五輪代表の技間近で

空手五輪代表の技間近で スポーツ

柳島自治会館で体験会

12月3日号

大隅寿男ジャズライブ

大隅寿男ジャズライブ 文化

ハスキーズギャラリーで

12月3日号

小清水仏壇店年末セール

お仏壇ご奉仕価格 全商品仏具一式付きで1割~3割引き!

htt9://chigasaki-saijyou.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook