さがみはら中央区版 掲載号:2017年3月16日号

ノジマステラ神奈川相模原

いざ、1部の舞台へ スポーツ

3月26日 INACと開幕戦

創設以来最大の24選手で初の1部に挑む
創設以来最大の24選手で初の1部に挑む

 日本女子サッカー「プレナスなでしこリーグ1部」が3月26日に開幕する。今季から1部に昇格した相模原市をホームタウンとするノジマステラ神奈川相模原(ノジマ)は、敵地・ノエビアスタジアム神戸でINAC神戸レオネッサに挑む。

 昨季、2部のリーグ戦を14勝4分けと無敗で制し、神奈川県内初のなでしこリーグ1部昇格を果たしたノジマ。継続性を重視し、コーチ・スタッフ陣は全て留任。新たに臼井理恵(浦和レッズレディース)、國武愛美(武蔵丘短期大学)、北方沙映(岡山県作陽高校)、池上菜央(東京国際大学)、田中里穂(ノジマステラ神奈川相模原ドゥーエ)の5選手を戦力として加え、創設以来最大となる24選手で戦う。

 今季のスローガンは「翔志〜この舞台で〜」。チームを率いる菅野将晃ゼネラルマネージャー兼監督は「チーム創設からの目標であった1部昇格を、昨シーズンに2部優勝という形で達成することができました。次は1部リーグ優勝という高い目標に挑戦し、1部の舞台でも志高く美しいサッカーで翔び回りたいと思います。ステラ旋風を巻き起こすために、多くの皆様のご声援をお願いいたします」と話している。

 1部リーグ戦は3月に始まり、10月まで続く全18節。所属する10チームがホーム&アウェイで総当り戦を行い、年間順位を決める。また6月から7月にかけては、昨年に続きカップ戦も行われる。

 ノジマは2月の新体制発表後、1部所属チームを中心に、精力的にトレーニングマッチを実施。速さや強さ、高さなど課題克服に努めてきた。浦和レッズレディースから移籍し、1部の雰囲気を知る臼井選手は「ノジマステラとして初めての1部リーグ開幕。これまで培ってきたものを発揮し、目標である5位以内を目指し、チーム一丸となって戦っていきたい」と話している。 

気負わずに挑む

 チームの中心で以前INAC神戸に所属していた田中陽子選手は「今シーズンはゴールを強く意識してプレーしたい。チームの勢いをつけるためにも、自分のリズムを作るためにも、シュートは大事。積極的に打って点数でチームに貢献していきたい。開幕戦は古巣との対戦なのですが、気負わずに目の前の勝負に勝ち、その結果として勝利を掴みたいと思います」と意気込んでいる。

 ホームの初戦は4月2日(日)、相模原ギオンスタジアムでAC長野パルセイロ・レディースと。午後1時キックオフ。前売券は18日(土)から販売される。
 

開幕に向け練習に励む選手達
開幕に向け練習に励む選手達

さがみはら中央区版のトップニュース最新6件

評価・周知不足に課題

市協働事業提案制度

評価・周知不足に課題

4月20日号

総務省の先進事例に選定

産業創造センター

総務省の先進事例に選定

4月20日号

介護相談 窓口大幅拡大へ

偉人を学び、地域を知る

さくら通り、歩道拡幅へ

16人が市民後見人候補に

関連記事(ベータ版)

さがみはら中央区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年4月20日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/