神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

相模原市 20%還元 6月3日開始 スマホ苦手派に説明会も

経済

公開:2024年4月18日

  • X
  • LINE
  • hatena
相模原市役所
相模原市役所

 相模原市はこのほど、キャッシュレス決済サービス「PayPay」を活用し、20%分のポイントを還元するキャンペーンを6月3日から実施すると発表した。物価高騰対策、地域経済活性化策の一環で約45億円の経済効果を見込む。スマホの操作が苦手な人向けの説明会を市内各地で開催し、不公平感の解消にも取り組むとしている。

 キャンペーン期間は6月3日から16日までの14日間。市内の対象店舗でPayPayで支払いを行うと、支払日の翌日から起算して30日後に決済金額の「最大20%」のポイントが付与される。還元されたポイントは1ポイント当たり1円相当として買い物や食事等に利用できる。付与されるポイントは決済1回あたり1000ポイントが上限。期間中に受け取ることができる上限は3000ポイント。

 相模原市がPayPayを活用したポイント還元を実施するのは2023年1月〜2月に実施して以来2回目。今回の事業予算は6億6000万円。22万人分に相当し、市では約45億円の経済効果を見込んでいる。

 全国の自治体でも同様のキャッシュレス決済によるポイント還元事業が実施されている。ただ、地域経済活性化や物価高騰対策としてデジタル化が進む一方で、スマホの利用に慣れていない高齢者にとって不公平感や不満は根強い。

 相模原市では前回に引き続いて、スマホの利用に不安がある人を対象とした説明会を4月25日から6月4日にかけて市内各地で24回実施する。また75歳以上の市民を対象に3月から5000円分の商品券を配布した経緯がある。

 還元事業を管轄する市産業支援・雇用対策課の担当者は「より多くの市民の方に利用していただくため、スマホが苦手な方への支援も重点をおいて事業を進めていきたい」と話している。

 市内で家電を販売する経営者の1人は「万単位の商品を扱う店としては、サービスの規模はやや小さい気もするが、こうした事業自体は歓迎する。お客様にはサービスとしてポイント還元の利用を勧めていきたい」と話した。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

文科大臣表彰を受賞

てぶくろの会

文科大臣表彰を受賞

「読み聞かせ」続け27年

5月23日

青葉小跡地に公民館も

相模原市

青葉小跡地に公民館も

利活用の方針を公表

5月23日

組織力で公立校の星

相模原弥栄高女子バスケ部

組織力で公立校の星

春季県3位、全国出場めざす

5月16日

保育所申込みが過去最多

相模原市

保育所申込みが過去最多

待機児童は南区に7人

5月16日

22地区を「楽しく学んで」

市印刷広告協同組合

22地区を「楽しく学んで」

ゲーム開発で出前授業

5月9日

1市5町に「消滅可能性」

人口戦略会議

1市5町に「消滅可能性」

相模原「中間に位置付け」

5月9日

あっとほーむデスク

  • 4月6日0:00更新

  • 3月30日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook