伊勢原版 掲載号:2017年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

2017年羽ばたきの1年に花火大会復活、節目の道灌まつりなど

社会

酉年生まれはプライドが高い人が多いとか(撮影協力/エフティ)
酉年生まれはプライドが高い人が多いとか(撮影協力/エフティ)
 2017年(平成29年)が幕を開けた。今年の干支は丁酉(ひのととり)。過去の酉年にはどのような出来事があったのか振り返るとともに、今年1年の予定を見てみよう。

 12年前である前回の酉年(2005年)は、郵政総選挙での自民党圧勝や日本プロ野球セ・パ交流戦の開幕、愛知県で「愛・地球博」の開催などがあった年。伊勢原市内では、伊勢原市歌川産業組合の設立や市議会のネット中継開始、大山寺では初の夜間ライトアップが実施された。

 細川連立政権が発足した24年前の酉年(1993年)は、Jリーグの開幕や横浜ランドマークタワーの開業に沸いた1年だった。市内では成瀬中学校体育館の完成や、市役所の土曜閉庁のほか、旧伊勢原公民館の庭にあった太田道灌公の像が現在の市役所正面玄関横へ移されたのもこの年。

道灌まつりは50回目

 今年はアメリカ合衆国で新大統領ドナルド・トランプ氏の就任や、東京五輪・パラリンピック仕様の自動車用ナンバープレートの交付開始など様々な予定がされている。

 市内では4月に「いせはら芸術花火大会」が復活することをはじめ、10月に行われる伊勢原観光道灌まつりが50回目の節目の開催となる。市民団体では、いせはら観光ボランティアガイド&ウォークが設立50周年を迎えるなど、記念事業にも期待ができる1年となりそう。

市の鳥ヤマドリ

 市のシンボルである鳥「ヤマドリ」は、キジと同じく国の特産種。本州・四国・九州の主に山間部に生息しており、市内の山間でも見ることができる。

 市の鳥として制定されたのは市制施行の翌年1972年。イメージキャラクターなどにも活用されている。

伊勢原版のトップニュース最新6件

3年ぶりに『春高』へ

伊勢原高校女子バレー

3年ぶりに『春高』へ

11月17日号

紅葉狩りにゴジラも一役

大山で歩行支援ロボ実験

「いせはら地ミルク」誕生

切手になった作品も公開

秋の祭典、今年も

市民文化祭

秋の祭典、今年も

10月27日号

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

18日にイルミ点灯式

ダイカン(株)でイルミネーション

18日にイルミ点灯式

11月18日~12月25日

伊勢原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク