神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
伊勢原版 公開:2024年5月3日 エリアトップへ

自転車用ヘルメット 市が購入費用を助成 1個につき最大2千円

社会

公開:2024年5月3日

  • X
  • LINE
  • hatena
ヘルメットの着用を呼び掛ける市職員
ヘルメットの着用を呼び掛ける市職員

 伊勢原市は、自転車乗車中の交通事故被害軽減のため、自転車用ヘルメットの購入費用の一部を助成する制度を5月1日から開始した。対象は市内在住の中学生以下で、1個につき最大2千円を助成する。

 道路交通法の改正により、昨年4月1日から全ての年齢を対象に、自転車乗車の際にヘルメットの着用が努力義務となった。こうしたことを受け、伊勢原市は自転車ヘルメットの購入助成を開始した。

 助成金額は1個につき最大2千円で、購入額が2千円未満の場合はその購入額が助成される。ただし、購入額には消費税を含み、送料やポイントで支払った額は除く。申請期間は2025年3月31日までで、今年4月1日以降に購入したヘルメットが対象になる。購入場所は市内外を問わず、安全基準を満たす新品のヘルメットが対象。申請方法は必要書類を市市民協働課交通防犯対策係(市役所1階)に提出する。申請には交付申請書、領収書などの写し、申請者の本人確認できる書類の写しなどが必要になる。書類は市ホームページからダウンロードもでき、申請は保護者または同一世帯の18歳以上の人が行う。

 購入費の助成は3年間を予定していて、今年度は千件分の予算額に達し次第終了となる。

 警察庁によれば、自転車の乗用中に交通事故で亡くなった人は約5割が頭部に致命傷を負っている(2023年)。そのうち9割以上がヘルメットを着用していなかった。またヘルメットを着用していなかった人は、着用していた人に比べて致死率が約1・9倍になるという。(2019年〜23年)

市内中学生の着用率は2割弱

 市市民協働課交通防犯対策係担当者によれば、市内にある4つの中学校ではすべて、自転車通学が認められていることから、アンケートを実施。ヘルメットの着用率が2割弱だったことなどから、着用率をあげることを目的に購入費費用の助成を始めた。同担当者は「児童、生徒にヘルメット着用の大切さを知ってもらうため、中学生以下を対象にした。対象年齢を限定したのは交通安全教育の一環で、特に中学生には着用を当たり前のことにしてもらいたい」と呼びかける。

 市は、伊勢原警察署や市交通安全協会などと連携し、毎年市内10の小学校と4つの中学校で交通安全教室を実施。中学校では自転車の安全教室、小学校では1年生を対象に、横断歩道の渡り方などを指導している。

 助成に関する問い合わせは市市民協働課交通防犯対策係【電話】0463・94・4715へ。

詳細は二次元コードから
詳細は二次元コードから

廃食油をリサイクルしバイオディーゼル燃料を製造

㈱鈴木油脂は県内唯一の動物性食用油脂製造工場・食用廃油のリサイクル工場です

http://suzuki-oil.co.jp

<PR>

伊勢原版のトップニュース最新6

プロジェクト第2弾始動

日本酒「旋」

プロジェクト第2弾始動

約40人が参加して田植え

6月21日

米の種もみを直播

大田地区土地改良区

米の種もみを直播

省人や効率化に期待

6月21日

能狂言親子教室スタート

能狂言親子教室スタート

大山の伝統文化継承へ

6月14日

初の五輪出場に内定

競泳自由形眞野秀成選手

初の五輪出場に内定

「自己新で決勝めざす」

6月14日

三島さんユース日本記録

伊勢原高校

三島さんユース日本記録

フィンスイミング選手権

6月7日

ChatGPTの運用開始

伊勢原市

ChatGPTの運用開始

効率化やサービス向上へ

6月7日

樹木葬と家族葬の「ゆかりえ」

小田急線「愛甲石田駅」徒歩すぐ。友引の日は無料相談会開催中。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月29日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook