三浦版 掲載号:2014年4月18日号

残さず食べたら会えるかも

給食の食器にツナ之介登場

ツナ之介が描かれた食器
ツナ之介が描かれた食器
 三浦ツナ之介に会えるかな―。

 市内小・中学校の給食の食器に4月から、ご当地キャラ「三浦ツナ之介」のイラスト入りがお目見えした。これは、子どもたちにツナ之介に親しみを持ってもらうと同時に、食器を大事に扱ってもらおうというもの。残さず食べきると、食器の底に描かれているツナ之介に会える仕組みだ。

 市は、食に関する安全面から温かい汁物には磁器製の食器を使用している。磁器製は、破損しやすいため破損防止という観点から市職員と製造会社との打ち合わせの中でイラスト入りの食器が生まれた。

 イラストは、シールなどによる後付ではなく、焼きの段階から入っているため安全面はクリアしている。また、従来の模様入りの磁器製食器より価格は低く抑えられていることも実現に結びついている。

 現時点では、破損した場合に備えて補充用に作製した600個のみ。児童や生徒約3千人に対し、ランダムに給食に登場するので会えるかどうかは運次第となる。

 子どもたちの間では、「今日はツナ之介に会えるかな、といった楽しみが給食の時間にできているようだ」と市給食課。同課は「給食の時間に新たな楽しみができて笑顔が増えれば。イラスト入りの食器は、今後増やしていく予定」と話している。

三浦版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

三浦版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「あめや踊り」上演

「あめや踊り」上演

26日、民俗芸能祭に参加

11月26日~11月26日

三浦版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク