三浦版 エリアトップへ

2020年3月の記事一覧

  • 「良質肥料あります」

    「良質肥料あります」

    15kg入り1袋100円で販売

     三浦バイオマスセンターの肥料は、し尿・浄化槽汚泥と農水産物残渣等を発酵させた農林水産大臣登録済みの”バイオマス肥料”。一般の肥料に比べて窒素やリンを多く含んで...(続きを読む)

    3月20日号

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第57回「油壺のこと【1】」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     小網代に渡った眉山は冬の寒さに耐えられず、酒を求めて油壷の地をめぐるのであります。  「いと寒ければ、酒ある家に就(つ...(続きを読む)

    3月20日号

  • 献血協力を呼びかけ

    日赤

    献血協力を呼びかけ 社会

    新型ウイルス、影響で減少

     新型コロナウイルス感染症の拡大により、献血協力者の深刻な減少が続いているとして、日本赤十字社(日赤)は献血の協力を呼び掛けている。 日...(続きを読む)

    3月20日号

  • 3月末まで休市

    三崎朝市

    3月末まで休市 社会

     三崎朝市協同組合は、3月22日(日)・29日(日)の朝市開催を中止すると発表した。 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う来場者の安全確保...(続きを読む)

    3月20日号

  • サーカスがやってくる

    サーカスがやってくる 文化

    浦賀ドックに大型テント

     世界14カ国のトップパフォーマーが集う「ポップサーカス」が横須賀にやってくる。 会場となる浦賀ドック(横須賀市浦賀4の7の1住友重機械...(続きを読む)

    3月20日号

  • 100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

    連載

    100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

    三浦市社会福祉協議会 成田慎一

    第二十二回「地域福祉活動計画編」  前回冒頭でお伝えした新型コロナウイルスの感染について、WHOから世界的...(続きを読む)

    3月20日号

  • 美しい海、市民の力で

    美しい海、市民の力で 社会

    4カ所で清掃活動

     市民団体が主催する毎月恒例のビーチクリーン活動が、市内各所の海岸で行われる。4月の日時と集合場所は以下のとおり。 ▽三戸浜/4月4日(...(続きを読む)

    3月20日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    3月20日0:00更新

     地元氏子はもとより、立て看板に小さく書かれた「ウイルス除け」の文字を見かけた観光客が祈願していくという疱瘡神社。源為朝の逸話を聞き、古い社に改めて向かい合って...(続きを読む)

    3月20日号

  • 「良質な水を次世代に」

    (株)エム・ワイ・ケー

    「良質な水を次世代に」 社会

    県に111万円寄付

     神奈川県内を中心に「美容室イレブンカット」を展開する(株)エム・ワイ・ケー(吉楽裕社長、藤沢市)は昨年11月11日、県が良質な水の安定的な確保を目的に行ってい...(続きを読む)

    3月20日号

  • 杉崎 悠子さん

    三浦市社会福祉協議会職員で、第4次地域福祉活動計画の策定を主導した

    杉崎 悠子さん

    菊名在勤 31歳

    「地域福祉をもっと身近に」 ○…住民や関係機関らが連携して取り組む地域福祉活動の指針をまとめた「地域福祉活動計画」。その第...(続きを読む)

    3月20日号

  • 憲章普及へコラボ

    憲章普及へコラボ 社会

    神奈川県と横浜ビール

     「ともに生きる社会かながわ憲章」の認知度向上をめざす神奈川県はこのほど、横浜ビール(横浜市中区)協力の下、オリジナルデザインの瓶に入った「かながわリスペクトビ...(続きを読む)

    3月20日号

  • 水面に揺れる光のカーテン

    水面に揺れる光のカーテン 社会

    城ヶ島大橋ライトアップ

     城ヶ島大橋で、今月8日からライトアップが行われている=写真。 橋の全長は575mで、中腹部分に213個のLEDライトを設置。赤・白・緑...(続きを読む)

    3月20日号

  • 海照らす新シンボル完成

    安房埼灯台

    海照らす新シンボル完成 社会

    「三浦の野菜」をイメージ

     老朽化に伴い建て替え工事が行われていた城ヶ島の安房埼灯台が完成し、今月8日から運用が始まった。 「城ヶ島観光のシンボルとなる親しまれる...(続きを読む)

    3月20日号

  • 三浦半島と南房総を周遊

    サイクルスタンプラリー

    三浦半島と南房総を周遊 社会

     三浦半島と房総半島をエリアとしたスケール感のあるサイクルスタンプラリーイベントが行われている。期間は4月29日(祝)まで、参加無料(フェリー代・飲食代ほかは自...(続きを読む)

    3月20日号

  • 歩行の採点で転倒予防

    歩行の採点で転倒予防 社会

    県が実証事業

     “歩きの見える化”で要介護になる原因のひとつ、転倒のリスクを減らして健康寿命を延伸―。神奈川県の未病改善の取り組みの一環として、機能訓練特化型デイサービス「ア...(続きを読む)

    3月20日号

  • 奨学金で進学応援

    奨学金で進学応援 教育

    三浦市が若干名募集

     三浦市は、大学・短大・専門学校等への入学予定者を対象とした奨学生を若干名募集している。 経済的理由で学資の援助が必要な若者に対し、月2...(続きを読む)

    3月20日号

  • 畑で繋がる生産者と消費者

    畑で繋がる生産者と消費者 社会

    「イベント通して農業知って」

     三浦野菜や農業の魅力、農家の現状を知ってもらおうと、収穫期を迎えた畑を活用したイベントが高円坊の「スズカク農園」で行われている。収穫体験やヨガ教室などを企画し...(続きを読む)

    3月20日号

  • 油壺で温泉湧いた

    油壺で温泉湧いた 経済

    4月から京急施設で利用開始

     京浜急行電鉄は先月25日、「ホテル京急油壺観潮荘」の隣地で温泉が湧出したことを発表した。2018年11月から京急油壺マリンパークの駐車場内で掘削作業を行ってき...(続きを読む)

    3月20日号

  • 地域福祉を自分ごとに

    三浦市社協

    地域福祉を自分ごとに 社会

    第4次活動計画を冊子化

     三浦市社会福祉協議会は昨年7月に策定した「第4次三浦市地域福祉活動計画」をまとめた冊子をこのほど発行した。 地域社会を構成する個人・団...(続きを読む)

    3月20日号

  • 囲碁・将棋に親しむ

    囲碁・将棋に親しむ 文化

    小中学生対象に教室

     市内在住・在学の小中学生を対象にした「子ども将棋教室・子ども囲碁教室」では、参加者を募集している。 将棋教室は、毎月第2・第4土曜日の...(続きを読む)

    3月20日号

  • 神へ捧げる祈りの音色

    ピアニスト前田健治さん

    神へ捧げる祈りの音色 文化

    海南神社で奉納演奏

     ピアニストの前田健治さん=写真=による奉納ピアノ演奏が、4月4日(土)に海南神社境内で行われる。 大分出身の前田さんは東京藝術大学大学...(続きを読む)

    3月20日号

  • “書庫寺子屋”を居場所に

    “書庫寺子屋”を居場所に 社会

    休校受け、有志が開放

     三崎の書庫「空紙堂(そらしどう)」を開放し、近隣に住む休校中の子どもたちに居場所を提供する取り組みが行われた。預け先に苦慮する共働きやひとり親世帯の不安を解消...(続きを読む)

    3月20日号

  • 御利益は「疫病退散」

    御利益は「疫病退散」 社会

    三崎の疱瘡神社

     新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るい、被害が拡大するなか、感染予防や終息を祈願する人が訪れる神社がある。 三浦半島の総鎮守として知...(続きを読む)

    3月20日号

  • 世界一の素敵親子をめざして

    連載14

    世界一の素敵親子をめざして

    文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

     近年にない暖冬により今年は、我が家の佐藤錦の花(桜)が、ひな祭りに咲き、桃の花と桜の開花が同時に楽しめました。ウグイスも鳴き、春の訪れを感じます。...(続きを読む)

    3月20日号

  • 県が男性育休ガイド発行

    県が男性育休ガイド発行 社会

    事例盛り込み取得を推進

     神奈川県は3月12日、男性の長期育児休業の取得を推進する冊子「パパと会社のIKUKYU GUIDE(育休ガイド)」を発行した。 オール...(続きを読む)

    3月20日号

  • 【タウンニュース春の特別号】

    【タウンニュース春の特別号】

     タウンニュースでは、神奈川県の県央・県西エリアの桜の見どころや観光情報をまとめた特別号を発行しました。2020年春の行楽にお役立てください。...(続きを読む)

    3月14日号

  • 憲章普及へコラボ

    憲章普及へコラボ 社会

    神奈川県と横浜ビール

     「ともに生きる社会かながわ憲章」の認知度向上をめざす神奈川県はこのほど、横浜ビール(横浜市中区)協力の下、オリジナルデザインの瓶に入った「かながわリスペクトビ...(続きを読む)

    3月14日号

  • 瀧村 治雄さん

    川崎市全町内会連合会会長に就任した

    瀧村 治雄さん

    高津区在住 82歳

    「向こう三軒両隣、大切に」 ○…近年、自治会や町会の加入率の低下が課題となる中、昨年の台風では重要性が再認識されたことに「...(続きを読む)

    3月13日号

  • 市が新融資メニュー

    コロナ対策

    市が新融資メニュー 経済

    2・8億円まで利用可能

     横浜市は新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、経営に影響を受けている中小企業向けの融資メニューを創設した。 創設した「新型コロナウイル...(続きを読む)

    3月12日号

  • 余った食品集めて寄付

    余った食品集めて寄付 社会

    「市民の支援に役立てて」

     缶詰1個からできる社会貢献を――。 上宮田のフィットネスクラブ「カーブス三浦海岸駅前」は先月20日、支援を必要とする人へ地域から集まっ...(続きを読む)

    3月6日号

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク