三浦版

2018年8月の記事一覧

  • 「良質肥料」無料で試して

    「良質肥料」無料で試して

    毎月10組、期間限定で

     三浦地域資源ユーズは、製造販売する「Mバイオたいひくん」の無料モニターを募っている。窒素やリンを多く含む有機質肥料で、葉物(はもの)野菜や果樹・花の生育に最適...(続きを読む)

  • C型肝炎は飲み薬だけで治す時代に

    〜治癒を目指し専門医の治療を〜

    C型肝炎は飲み薬だけで治す時代に 社会

    C型肝炎疾患啓発座談会 企画制作/株式会社タウンニュース社

     国や神奈川県ではC型肝炎に関する啓発や検査、および治療の推進活動を進めてきた。C型肝炎の認知やウイルス検査の受検も増えている。しかしながら、検査で陽...(続きを読む)

  • 東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

    東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

    文・日下部順治その13 箱根仙石原の足跡を訪ねて

     私は団ジーンの足跡をたどるべく、戦時中から昭和20(1945)年10月まで子供たちと疎開していた、団一家の別荘のあった箱根仙石原の疎開先の今を訪ねて...(続きを読む)

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第21回「剣崎のこと」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     「剣崎」の名称について、次のような話が伝えられています。  江戸時代の万治年間(1658〜61年)のこと、幕府の官材を...(続きを読む)

  • “まぐろパン”児童が考案

    “まぐろパン”児童が考案 教育

    地元企業協働で試作会

     三崎まぐろのたたきと三浦産小麦のパンで、小学生が食べ方を新考案――。コミュニケーション力育成教室「ことばキャンプ」、まぐろ問屋「西松」、初声町のパン店「充麦」...(続きを読む)

  • 半島グルメと文化感じて

    半島グルメと文化感じて 社会

    全国から食のプロが視察

     食を中心としたまちづくりや地域活性化に取り組む人の育成・連携を目的とした「キリン地域創生トレーニングセンタープロジェクト」。先月24日から3日間、三浦半島内で...(続きを読む)

  • 優美な海景活写

    矢部洋一さん写真展

    優美な海景活写 文化

     海洋写真家・矢部洋一さんの写真展が、8月5日(日)から26日(日)にギャラリーココ(小網代1229/油壺バス停となり)で催される。入場自由。...(続きを読む)

  • 子ども棋士、集まれ

    囲碁教室

    子ども棋士、集まれ 文化

     「夏休み子ども囲碁教室」が、8月16日(木)・17日(金)に南下浦市民センターで行われる。 三浦海岸囲碁サークルザル碁会の中正剛さんを...(続きを読む)

  • コロネパンをつくろう

    コロネパンをつくろう 社会

     三浦市社会教育講座「子どもパン教室」が、8月27日(月)に初声市民センターで行われる。時間は午前10時から正午。 市内在住の小学生対象...(続きを読む)

  • 測定で知るフレイル予防

    測定で知るフレイル予防 社会

    市民有志が体験研修

     三浦市社会福祉協議会は先月19日、地域の健康づくりの担い手である「介護予防インストラクター」や未病サロンの運営者を対象としたフォローアップ研修会を開いた。...(続きを読む)

  • 鈴木 恒雄さん

    三浦市社協の学習支援事業で、ボランティア講師グループの代表を務める

    鈴木 恒雄さん

    下宮田在住 75歳

    「生涯一教育者」に使命 ○…三浦市社会福祉協議会が主催する学習支援「ゆうあい三浦塾」。おもに夏・冬の長期休業期間中に開かれ...(続きを読む)

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    8月3日0:00更新

     三浦半島で活躍するまちづくりや文化を創造する“仕掛人”たちが、一堂に会した地域創生トレーニングセンター。ときに半島は、地形的条件によって閉鎖的や陸の孤島などと...(続きを読む)

  • メオトよみ絵本ライブ

    メオトよみ絵本ライブ 教育

     読み聞かせサークル「えほんの海をおよぐ」は、地元在住絵本作家の平田昌広さん・景さん夫妻=写真=による「メオトよみ絵本ライブ」を、8月23日(木)に南下浦市民セ...(続きを読む)

  • 港町で食べて遊んで

    三崎・城ヶ島花火大会

    港町で食べて遊んで 社会

     「第一回三崎・城ヶ島花火大会」が、8月15日(水)に三崎漁港で行われる。 地域のにぎわいづくりにつなげようと地元企業や市民が協働で開催...(続きを読む)

  • 安全優先で解体決定

    東大三崎臨海実験所

    安全優先で解体決定 社会

    歴史的価値に惜しむ声も

     老朽化による取り壊し計画が出ていた「東京大学大学院理学系研究科附属臨海実験所」の旧本館と旧水族標本棟。先月23日、地域住民を対象とした説明会が同所で開かれ、解...(続きを読む)

  • 船上で稚魚放流体験

    船上で稚魚放流体験 社会

     マダイの稚魚を船上から放流する体験会が、9月1日(土)午前11時30分から午後0時30分に催される。現在、参加者を募集している。 子ど...(続きを読む)

  • 安全運転で「めざせ優勝」

    名向小

    安全運転で「めざせ優勝」 教育

    自転車の全国大会へ

     自転車を安全に正しく乗る技術と知識を競う「第53回交通安全子供自転車大会」(8月8日(水)/東京ビックサイト)に、市立名向小学校の児童4人が神奈川県代表として...(続きを読む)

  • スマホで楽しむ農業体験

    スマホで楽しむ農業体験 社会

    京急とベンチャーが協業

     京浜急行電鉄(株)は先月23日、ベンチャー企業7社と連携して進めている沿線の新規事業開発の進捗報告を行った。独創的なアイデアや社会課題の解決につながるビジネス...(続きを読む)

  • ”支援肥料”1千トン超

    ”支援肥料”1千トン超 社会

    三浦から震災被災農家へ

     し尿や農水産物残渣などから肥料を製造する三浦地域資源ユーズ(株)と三井E&S環境エンジニアリング(株)では、東日本大震災の復興支援として無償提供する堆肥量が、...(続きを読む)

  • 1泊2日の寺子屋授業

    1泊2日の寺子屋授業 教育

    児童が炊飯や勤行体験

     初声町の実相寺(植坂泰雄住職)では、先月31日と今月1日に「第12回寺子屋 夏休み子供道場」が開かれた。 初声小学校の前身である同寺は...(続きを読む)

  • 1

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月3日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク