三浦版 エリアトップへ

2020年2月の記事一覧

  • 「良質肥料あります」

    「良質肥料あります」

    15kg入り1袋100円で販売

     三浦バイオマスセンターの肥料は、し尿・浄化槽汚泥と農水産物残渣等を発酵させた農林水産大臣登録済みの”バイオマス肥料”。一般の...(続きを読む)

    2月21日号

  • 「毎週日曜日診療します」

    中島内科クリニック

    「毎週日曜日診療します」

    訪問診療も開始 高齢化に対応

     昨年まで隔週で実施していた日曜日の診療を今年から毎週化している。「日曜診療を行っているクリニックは市内でも数えるほどしかなく、救急センターに集中。特にこの時期...(続きを読む)

    2月21日号

  • 夕日に染まる海と富士

    サンセットクルーズ

    夕日に染まる海と富士 社会

     海上から夕日を眺める「相模湾サンセットクルーズ」の運航が、3月31日(火)まで行われている。実施主体は三崎マリンセンターを運営するスバル興業。...(続きを読む)

    2月21日号

  • 村治佳織リサイタル

    村治佳織リサイタル 文化

    タウンニュースホール

     タウンニュース社は、世界的ギタリスト、村治佳織さんのリサイタルを同社関連会社が運営するタウンニュースホール(小田急線東海大学前駅そば)で4月12日(日)に開催...(続きを読む)

    2月21日号

  • 三浦初声高生と農業学ぶ

    三浦初声高生と農業学ぶ 社会

    社会人聴講生を募集

     県立三浦初声高校では、同校生徒とともに農業や自然について学ぶ社会人聴講生を募集している。 授業は4月14日(火)から1年間で、毎週火曜...(続きを読む)

    2月21日号

  • 市民活動を盛り上げよう

    市民活動を盛り上げよう 社会

    出展参加者を募集

     市民活動の活性化や普及啓発などを目的とした交流イベント「市民交流センターまつり・市民活動デイ」が、3月22日(日)に市民交流センター(ベイシア2階)で催される...(続きを読む)

    2月21日号

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第56回「三戸から小網代へ」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     「三戸」の地に宿泊した川上眉山は翌朝に寝覚めたことを次のように記しています。  「日の影襖(ふすま)を洩(も)るるに驚...(続きを読む)

    2月21日号

  • 実践できる心の休息

    実践できる心の休息 社会

    「医師の禅僧」が講演

     県精神保健福祉センター主催の講演会「精神科医の禅僧が教える うつ病とココロのやすめかた」が、3月5日(木)に南下浦市民センターで行われる。時間は午後2時から4...(続きを読む)

    2月21日号

  • 渡辺 清子さん

    三浦修道院の代表を務める

    渡辺 清子さん

    金田在住

    苦しみ喜び分かち合う ○…金田の小高い丘に佇む木造和風の建物。そこでシスターたちが、共同生活を送る修道院の代表を務める。珍...(続きを読む)

    2月21日号

  • 学校教育の将来考える

    三浦まちづくりの会

    学校教育の将来考える 社会

     市民団体「三浦まちづくりの会」(田中健介会長)は、三浦市教育委員会が策定した「学校教育ビジョン」について考える第4回意見交換会を、2月23日(日)に催す。会場...(続きを読む)

    2月21日号

  • 引橋断層を歩く

    引橋断層を歩く 社会

    3月20日に見学会

     市民グループ「三浦半島活断層調査会」による見学会が、3月20日(祝)に開催される。小雨決行。 「海成段丘と谷壁の動きが語る断層」と題し...(続きを読む)

    2月21日号

  • 「臓器移植の理解深めて」

    「臓器移植の理解深めて」 教育

    NPOが市へ絵本寄贈

     特定非営利活動法人「日本移植支援協会」(東京都渋谷区)は、今月6日に三浦市役所を訪れ、臓器移植をテーマにした絵本『大きな木』を寄贈した=写真。...(続きを読む)

    2月21日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    2月21日0:00更新

     話しぶりはとつとつと、自身を飾ることなく打ち明け、別れ際すっきりとした表情で去っていく人たち。「がん哲学外来メディカルカフェ」の様子を取材して、思い...(続きを読む)

    2月21日号

  • 華やかに桃の節句祝う

    三崎昭和館

    華やかに桃の節句祝う 文化

     「チャッキラコ・三崎昭和館」で、「雛人形・つるし雛・つるし飾り」特別展が行われている。 生活様式や住宅事情によって風習が変化するなかで...(続きを読む)

    2月21日号

  • 手話学び、理解深めて

    手話学び、理解深めて 社会

    奉仕員の養成講座

     三浦市聴覚障害者協会主催の「手話奉仕員養成講座」が、4月6日(月)から行われる。 聴覚が不自由な人の生活をサポートするため、手話による...(続きを読む)

    2月21日号

  • 豪華ヨットでクルーズ

    豪華ヨットでクルーズ 社会

    2月22日から3日間

     (株)三浦海業公社、(株)リビエラリゾート、スバル興業(株)は、2月22日(土)・23日(日)・24日(祝)に三崎・油壺間を結ぶ体験クルーズを行う。...(続きを読む)

    2月21日号

  • 100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

    連載

    100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

    三浦市社会福祉協議会 成田慎一

    第二十一回「市民活動編」  新型肺炎の感染が徐々に広がり、県内の集会やイベントも少しずつ自粛や中止が増えて...(続きを読む)

    2月21日号

  • 春宵彩る河津桜

    三浦海岸

    春宵彩る河津桜 社会

     三浦海岸の早春の風物詩として知られる河津桜。開花にあわせたライトアップが行われ、期間限定で夜桜見物が楽しめる。三浦海岸駅前は3月8日(日)までの午後5時から9...(続きを読む)

    2月21日号

  • 本音で語るがんの不安

    本音で語るがんの不安 社会

    三浦修道院で交流会

     がん患者やその家族・遺族が気軽に語り合う「がん哲学外来メディカルカフェ」が、今月15日に三浦修道院(渡辺清子代表=人物風土記で紹介=金田223の6)で開かれた...(続きを読む)

    2月21日号

  • 世界一の素敵親子をめざして

    連載12

    世界一の素敵親子をめざして

    文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

     昔、中学1年生の地理の授業でオーストラリアは、南半球に位置していて日本の気候とは反対だと学びました。当時は、想像もつかず事実のみを受け入れた記憶があ...(続きを読む)

    2月21日号

  • 「将来見据えた堅実編成」

    三浦市予算案

    「将来見据えた堅実編成」 政治

    一般会計に166億円

     三浦市は今月17日、2020年度の当初予算案を発表した。一般会計は、横須賀市とのごみ処理広域化に伴う最終処分場整備の完了などが起因し、昨年比12・8%減の16...(続きを読む)

    2月21日号

  • 春から三浦海岸を熱く

    OTODAMA

    春から三浦海岸を熱く 社会

    8月末まで約90日間

     三浦海岸を会場とした海の家ライブハウス「OTODAMA SEA STUDIO」の今年の開催が発表された。16回目を迎える今回は、4月18日(土)から8月30日...(続きを読む)

    2月21日号

  • 警察官の魅力知る

    警察官の魅力知る 教育

    南中生が職場体験

     南下浦中学校の2年生2人が今月5日・6日、職場体験学習で三崎警察署を訪れ、仕事への理解関心を深めた。 今回は県警第一交通機動隊から白バ...(続きを読む)

    2月21日号

  • 約5割が「住みよい街」

    市民満足度調査

    約5割が「住みよい街」 社会

    健康・自然に高い評価

     三浦市はこのほど、「2019年度市民満足度・重要度調査」の結果を公表した。「住みよい」と答えた市民は48・6%で、市外流出が顕著な若年層では28・6%にとどま...(続きを読む)

    2月21日号

  • 「働きやすさ」県認定の施設

    特養・デイ 横須賀市

    「働きやすさ」県認定の施設

    高齢者総合福祉センターヒューマン

     「介護を頑張る事業所」を応援する神奈川県の「かながわベスト介護セレクト20」。これに3年連続で選ばれたのが、佐島にある高齢者総合福祉センター「ヒュー...(続きを読む)

    2月21日号

  • 第4回 「河津ザクラ」は偶然の発見

    三浦半島 草花歳時記

    第4回 「河津ザクラ」は偶然の発見

    文・写真 金子昇

     2月に入ると京急三浦海岸駅からの沿線には、「河津ザクラ」の開花を楽しむ人が毎年大勢訪れます。サクラの中でも1月下旬から2月まで開花する早咲きのサクラ...(続きを読む)

    2月7日号

  • 「眼下に絶景が広がります」

    佐島の丘で上質な時間 介護付き有料老人ホーム

    「眼下に絶景が広がります」

     高台から見える相模湾と落ち着いた静かな佇まい―。佐島の丘にある介護付き有料老人ホーム「アシステッドリビング湘南佐島」は、リゾート型をコンセプトにした居室空間と...(続きを読む)

    2月7日号

  • 定期預金に年利0・2%上乗せ

    定期預金に年利0・2%上乗せ

    3月末まで スルガ銀行で特別金利キャンペーン

     スルガ銀行の店頭窓口で、大好評の定期預金特別金利キャンペーン。新たな資金でスーパー定期に預けると、店頭表示金利に年利0・2%の特別金利を上乗せしてもらえる嬉し...(続きを読む)

    2月7日号

  • 「春の体験集会」参加者募集

    ガールスカウト神奈川県連盟

    「春の体験集会」参加者募集 文化

     公益社団法人ガールスカウト神奈川県連盟は3月15日(日)に「春の体験集会」を開催する。午前9時30分から午後4時。会場は横浜市金沢動物園ののはな館(横浜市金沢...(続きを読む)

    2月7日号

  • みつろうラップでエコ実践

    みつろうラップでエコ実践 社会

    プラスチック削減に一役

     新日本婦人の会三浦支部は2月16日(日)に南下浦市民センターで、「みつろうラップを作る会」を開く。時間は午前10時から正午。 みつろう...(続きを読む)

    2月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク