三浦版 掲載号:2017年12月1日号
  • googleplus
  • LINE

地下に眠る遺構探索 城ヶ島公園の要塞跡

社会

迷彩柄で茂みに隠れる地下壕の入口
迷彩柄で茂みに隠れる地下壕の入口
 県立城ヶ島公園の地下に残る戦争遺跡を見学する「城ヶ島砲台地下壕探索会」が、12月9日(土)午後1時30分から行われる。「ストップ戦争!三浦市民の会」の主催。

 戦時中、首都防衛拠点の1つとして数多くの軍事施設が置かれた三浦市。東京湾の入口に位置する城ヶ島にもカノン砲などが据えられ、要衝になっていた。

 現在、公園内には砲座跡が駐車場花壇となっているほか、地下には3つの火薬庫と50mの通路が当時の面影を残したまま保存されている。通常は立ち入りが禁止されており、当日はイベント参加者のみ探索することができる。

 参加費200円(保険・資料代)。懐中電灯を持参し、歩きやすい服装と靴で参加する。小雨決行。

 事前申込み制で定員15人、12月7日(木)締め切り。

 申込みは、同会の重田さん【電話】046・881・0370

宅建協会 横須賀三浦支部

弁護士による「不動産の法律無料相談」を12月19日に実施します。

http://www.yokosuka-miura.com/

<PR>

三浦版のローカルニュース最新6件

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

サックスで奏でるクラシック

サックスで奏でるクラシック

田中麻樹子さんライブ

12月28日~12月28日

三浦版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク