大磯・二宮・中井版 掲載号:2017年12月1日号
  • googleplus
  • LINE

がん講演に高い関心 県立がんセンター病院長招く

社会

講演する大川さん
講演する大川さん
 二宮町のラディアンで11月25日、県立がんセンター=横浜市旭区=病院長の大川伸一さんを講師に招いた講演会が行われ、地域住民ら約80人が集まった。

 大川さんは「日本人の2人に1人、年間およそ90万人ががんにかかるといわれているが、63%の人は治っている」と説明。「身近な人ががんになったら」をテーマに、重粒子線治療や患者個人の遺伝子の特徴に合わせて治療を行う「プレシジョン・メディシン」といった最先端のがん治療、セカンドオピニオンの利点などについて語った。

 質疑応答の時間では「がん検診は受ける意味があるのか」「経過観察で6カ月後に再検査といわれたが、それまで放っておいてもよいか」などと参加者から質問が相次ぎ、講演終了後もアドバイスを求める人たちに大川さんが答えた。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6件

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

白寿記念し画業辿る

白寿記念し画業辿る

葉山町で堀文子さん個展

11月18日~3月25日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

お問い合わせ

外部リンク