秦野版 掲載号:2017年5月12日号

秦野リトルシニア

初主催公式戦で優勝 スポーツ

MVPは秋山陽星選手

MVPの秋山選手
MVPの秋山選手
 中学生の硬式野球チーム秦野リトルシニア野球協会(小菅基司会長)が5月3日・4日に、初の公式戦「第1回杉崎孝杯争奪 中学硬式野球交流大会」を秦野市カルチャーパーク野球場等で開いた。県内、東京都、静岡県の8チームがトーナメント戦を行い、秦野リトルシニアが優勝した。

 試合では、高橋綾人・林航碧・佐々木郁海3投手が好投を見せ、1回戦は鎌倉シニアに4対3、2回戦は墨田シニア8対4で勝利。決勝では逗子シニアを相手に4対1で優勝をつかんだ。牧嶋和昭監督は「2日間で3試合というスケジュールの中、よく頑張った」と選手たちを称えた。

 大会最優秀選手賞には、最多安打を記録した秋山陽星選手(3年生)=小田原市在住=が輝いた。人生初のMVPに「びっくりした」と秋山選手。全試合を通して左投手を攻略。快音を連発した。「日頃の練習のおかげだと思います」と振り返った。

 この大会は、選手やスタッフの交流を目的に去年から計画された。大会名は市内の野球発展に貢献した秦野市野球協会の前会長、故・杉崎孝氏にちなんでつけられた。

 例年この時期は、関東大会上位チームでないと公式戦に出場する機会が少ないことから、参加チームのスタッフや監督からは「公式ユニフォームや協会審判員のおかげで緊張感が出た」と好評。牧嶋監督も「オープン戦と公式戦では選手たちの気持ちも違う。14日から始まる夏の関東大会予選に向けても弾みがついた」と話した。

 同大会は来年も開催される予定だ。

大会終了後、笑顔を見せる秦野リトルシニアの選手たち
大会終了後、笑顔を見せる秦野リトルシニアの選手たち

関連記事powered by weblio


秦野版のローカルニュース最新6件

ジオラマに秦野の風景

原田さん初代グランプリ

伝統行事で地域交流

杉本 榮次さん

秦野ロータリークラブ第58代会長

杉本 榮次さん

7月14日号

地元の湧水学ぶ

地元の湧水学ぶ

7月14日号

「薬物はダメ」

「薬物はダメ」

7月14日号

<PR>

関連記事(ベータ版)

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

水飛沫に歓喜

水飛沫に歓喜

じゃぶじゃぶ池に夏到来

7月1日~9月3日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年7月21日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/