秦野版 エリアトップへ

2020年5月の記事一覧

  • 市長動向

    【Web限定記事】

    市長動向 政治

    5月11日〜15日

     ▽5月11日(月)/高村副市長、内田教育長、各部決裁、教育部長ほか事務調整 ▽12日(火)/高村副市長、上下水道局長ほか事務調整、政策...(続きを読む)

    5月22日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    5月22日0:00更新

     国民一律10万円の特別給付金の申請が秦野市でも始まった。そんな中、急増しているのが詐欺の電話だ。秦野警察署で話を聞く機会があったのだが、申請が始まったと同時に...(続きを読む)

    5月22日号

  • マスクで詐欺・事故防止を啓発

    マスクで詐欺・事故防止を啓発 社会

    秦野署の窓口で

     秦野警察署の案内係や交通課・生活安全課窓口の署員が、5月15日から詐欺等の啓発文がプリントされたマスクを着けて業務にあたっている。 同...(続きを読む)

    5月22日号

  • 除菌水を無償配布

    秦野市

    除菌水を無償配布 社会

    19日から当分の間

     秦野市が5月19日から当分の間、保健福祉センターとサンライフ鶴巻で、除菌水(次亜塩素酸水)の無償配布を行っている。配布日時は毎週火・木・土曜日の午前9時半から...(続きを読む)

    5月22日号

  • 秦野産材利用の住宅に助成

    【Web限定記事】

    秦野産材利用の住宅に助成 政治

    構造材等に最大60万円

     秦野市は、秦野産木材の利用促進を図るため、今年度も「秦野産木材を使用する快適な住まいづくり補助金」の申請を受け付けている。...(続きを読む)

    5月22日号

  • 成人式は20歳に

    【Web限定記事】

    成人式は20歳に 社会

    秦野市 民法改正後も

     秦野市は、2023年1月開催以降の成人式を、民法改正案が可決され2022年4月1日から成人年齢が18歳に引き下げられた後も、現在と同じ20歳を対象に式典を開催...(続きを読む)

    5月22日号

  • 梶山 明寛さん

    秦野あきんど育成会の会長に就任した

    梶山 明寛さん

    本町在住 41歳

    横軸で繋がり、全員で成長 ○…会発足当時から続く良い意味での「ゆるい」雰囲気を保ちつつも「会員一人ひとりが役割を持ち、全員...(続きを読む)

    5月22日号

  • フェイスガードを寄贈

    フェイスガードを寄贈 社会

    秦野RCが秦野医師会へ

     秦野ロータリークラブ(栗原和子会長・RC)は5月15日、秦野市休日夜間診療所を訪れ、秦野医師会(関野高弘会長)へフェイスガード1000枚を寄贈した。...(続きを読む)

    5月22日号

  • 曽屋水道記念公園を整備

    曽屋水道記念公園を整備 社会

    公園会がペンキ塗り

     曽屋水道記念公園会(杉山和史会長)が5月14日、曽屋水道記念公園でベンチや空気孔のペンキ塗りなどを実施した。当日は会員約10人が参加。はじめにサビなどを落とし...(続きを読む)

    5月22日号

  • 八木優一前副市長が逝去

    訃報

    八木優一前副市長が逝去 文化

     秦野市前副市長の八木優一氏(やぎ・ゆういち/66歳)が5月12日、くも膜下出血のため死去。 同氏は秦野市出身。早稲田大学大学院法学研究...(続きを読む)

    5月22日号

  • 一左さんが「おうち寄席」

    一左さんが「おうち寄席」 文化

    23日から動画公開

     秦野市出身の落語家・春風亭一左(いっさ)さんが5月18日、クアーズテック秦野カルチャーホール(文化会館)で古典落語の動画撮影を行った。無観客で収録されたこの動...(続きを読む)

    5月22日号

  • 自宅で簡単ストレッチ

    わたしのおうち時間

    自宅で簡単ストレッチ スポーツ

    下肢筋力強化編

     新型コロナウイルスの影響により外出自粛要請が続いている。本紙では、自宅で簡単にできる運動プログラムを取材。今回は昨今注目されている「フレイル(心身機能低下)予...(続きを読む)

    5月22日号

  • 宅配・テイクアウトを支援

    秦野市

    宅配・テイクアウトを支援 社会

    雇用調整助成金申請も支援

     秦野市は新型コロナウイルス感染症に対する市独自の施策の追加を明らかにした。この中のひとつとして打ち出したのが、伴走型独自支援としての”顔晴ろう秦野!にぎわいプ...(続きを読む)

    5月22日号

  • 体制強化図り人事異動

    秦野市

    体制強化図り人事異動 政治

    6月1日付で実施

     秦野市は6月1日付の人事異動を発表した。今年度は新型コロナウイルス感染症の対応を優先し、通常規模の人事異動を6月に行うとしており、今回、課長級以上の異動者45...(続きを読む)

    5月22日号

  • さすが、ドイツ!!

    アフターコロナに安心のフォルクスワーゲン

    さすが、ドイツ!!

     新型コロナウイルス感染症の対応でも、欧州諸国から高い評価を得ているドイツ。フォルクスワーゲンの工場も再開され、すでに生産が始まっている。...(続きを読む)

    5月22日号

  • 見たい番組100 ch以上!家を楽しく

    見たい番組100 ch以上!家を楽しく

    ネットフリックス等も見られるJ:COM LINK

     外出自粛が続く中、自宅で楽しめるものと言えばテレビ。そのテレビをもっと面白くするのがケーブルテレビJ:COMが提供するJ:COM LINKだ。...(続きを読む)

    5月22日号

  • 水漏れ・排水のトラブルはリモクラス パイプ本舗

    漏れ・あふれ・詰まり「緊急対応いたします」

    水漏れ・排水のトラブルはリモクラス パイプ本舗

    急なトラブル対応可能

     迅速な対応と、きめ細やかな心配りで実績を伸ばしている水廻り専門店「リモクラス パイプ本舗」(佐渡誠代表)。同社では、新型コロナウイルス感染拡大に伴い顧客の安全...(続きを読む)

    5月15日号

  • 大好評のコミコミ塗装プラン再登場

    「梅雨・台風への備えは大丈夫?」

    大好評のコミコミ塗装プラン再登場

    住宅のことなら信頼の「株式会社みどりや」へ

     10年が塗り替え目安となる住宅の屋根や外壁。紫外線や風雨にさらされ防水塗料や塗膜の劣化が進むと、雨水がしみ込むなどして建物自体が傷むことがある。...(続きを読む)

    5月15日号

  • 運動プログラムを放送

    運動プログラムを放送 社会

    【Web限定記事】神奈川県とジェイコムが連携

     ジェイコム湘南・神奈川は神奈川県と連携し、自宅で楽しめる映像コンテンツを同社の「J:COMチャンネル神奈川」(地デジ11ch)で放送している。毎日午後2時から...(続きを読む)

    5月15日号

  • 秦野事件簿

    秦野事件簿 社会

    4月19日〜5月2日

     ▽南矢名=オートバイを傷つけられる、自宅窓クレセント錠部分のガラスにヒビ、万引き▽今泉=工具・建築器材盗▽曽屋=工具盗▽入船町=万引き▽本町=車タイヤをパンク...(続きを読む)

    5月15日号

  • 「県民の警察官」に

    「県民の警察官」に 社会

    秦野署の高田篤人警部補

     県民の安全と平穏な生活を守る警察官を表彰する「県民の警察官」(産経新聞社主催)。今年度の受章者3人が決まり、その中に秦野警察署警務課警務係に勤務する高田(たか...(続きを読む)

    5月15日号

  • 岡村 文夫さん

    自然観察施設くずはの家で活動する「えのき会」の会長に就任した

    岡村 文夫さん

    南が丘在住 68歳

    創設メンバーとして次代に ○…くずはの家の自然観察イベントの補佐を目的に結成し、今年で15年を迎えるえのきの会。立ち上げ当...(続きを読む)

    5月15日号

  • 秦野モチーフにスタンプ

    秦野モチーフにスタンプ 社会

    稲垣さんがコロナ対策で

     秦野市在住のグラフィックデザイナー稲垣潤一さんが、秦野をモチーフにしたキャラクターで「秦野はコロナに負けねぇ」LINEスタンプを制作した。...(続きを読む)

    5月15日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    5月15日0:00更新

     プライベートでカメラを1台追加した。いつも取材などで使う一眼レフより小ぶりな「ミラーレス一眼」で、旧型の中古品。新型から2世代前のデジモノなので、安価で手に入...(続きを読む)

    5月15日号

  • 被害防止・保護に感謝状

    被害防止・保護に感謝状 社会

    秦野警察署が3人に

     秦野警察署(井原義春署長)はこのほど3人に感謝状の贈呈を行った。 4月27日には詐欺被害を未然に防いだとして、秦野交通株式会社のドライ...(続きを読む)

    5月15日号

  • 秦野応援動画を公開

    秦野応援動画を公開 社会

    ココハダ企画で市民が参加

     秦野のまちを元気にしたいと、エンタメ型地域活性化コミュニティココハダ(ここから秦野)が「がんばろう秦野!応援プロジェクト」として動画を制作、公開した。...(続きを読む)

    5月15日号

  • 桝田 諒子(ますだ りょうこ)

    本町小 2年3組

    桝田 諒子(ますだ りょうこ) 教育

     県央の綾瀬市出身。高校から7年間コンテンポラリーダンスを続けてきた。「ダンスには正解というものがない。テーマを自分で決めて作り上げていくところが魅力...(続きを読む)

    5月15日号

  • 山口 舞(やまぐち まい)先生

    南小 3年2組

    山口 舞(やまぐち まい)先生 教育

     生まれも育ちも「はだのっ子」。「愛着ある秦野市で先生ができて嬉しい」と実感籠った笑顔で話す。学生時代にボランティアで小学校の子どもたちと接したことが...(続きを読む)

    5月15日号

  • マスクの作り方配布

    マスクの作り方配布 社会

    秦野市社協

     秦野市社会福祉協議会は「地域応援プロジェクト」の一環として、マスクの作り方を書いた説明書と型紙セットを作成した。現在は秦野市保健福祉センターの窓口等で無料配布...(続きを読む)

    5月15日号

  • 宅配で元気届ける

    元中日選手友永翔太さん

    宅配で元気届ける 社会

    収入は児童養護施設に

     昨シーズンまで中日ドラゴンズでプレーしていた秦野出身の元プロ野球選手・友永翔太さん(29・愛知県名古屋市在住)が、フードデリバリーサービス「ウーバーイーツ」の...(続きを読む)

    5月15日号

あっとほーむデスク

  • 5月22日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

  • 4月24日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月22日号

お問い合わせ

外部リンク