さがみはら中央区版 掲載号:2018年10月18日号 エリアトップへ

地域繋がる保育ウィーク 11月5日から市内各地で

教育

掲載号:2018年10月18日号

  • LINE
  • hatena
ダンスを披露する園児ら(写真は過去)
ダンスを披露する園児ら(写真は過去)

 市内の保育園などで演劇やコンサートなどが開催される企画「相模原保育ウィーク〜笑顔で繋がるみんなの輪〜」が11月5日(月)から10日(土)まで、市内各地で開催される。主催は同実行委員会。

 地域の人々に保育現場へ足を運んでもらい、園児や保育士、職員との交流を促進するために行われる同企画。今年は市内約140の保育園や認定こども園、相模原市立療育センター陽光園などが参加する。各所では人形劇や園解放、作品展示にコンサートなど幅広い世代が楽しめるように工夫を凝らした催しが行われる予定。保育職希望者の参加も可能だ。

 開催場所や時間などの詳細は市のホームページか市保育課【電話】042・769・8340へ。

相模原市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

全ての人に「美」で幸福を

全ての人に「美」で幸福を 社会

美容室 〜sora〜

4月22日号

矢部で無料学習塾

矢部で無料学習塾 教育

毎土曜 NPO法人が開催

4月22日号

重工、プレーオフ初戦突破

ラグビー

重工、プレーオフ初戦突破 スポーツ

マイケル・リトルが2トライ

4月22日号

日本画を学ぼう

日本画を学ぼう 文化

西門そばで体験型講座

4月22日号

五輪を盛り上げよう

五輪を盛り上げよう スポーツ

2会場でポスター展示

4月22日号

家族で酒米を作ろう

家族で酒米を作ろう 経済

参加募集 青根の田園

4月22日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 縄文人の生活を探る 考古企画展

    相模原市立博物館レポvol.22

    縄文人の生活を探る 考古企画展

    「変化の時代を生きた縄文人 相模原市域の縄文時代中・後期文化」考古担当学芸員 長澤有史

    4月22日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter