神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

環境と経済、両面から寄与 電気・通信・空調設備「市川電設」

社会

公開:2020年11月12日

  • X
  • LINE
  • hatena
かながわSDGsパートナー登録証を持つ市川社長。市のパートナーでもある
かながわSDGsパートナー登録証を持つ市川社長。市のパートナーでもある

 2008年設立。電気・通信・空調設備の設計・施工・管理を手がける。10月に県、11月に市のSDGsパートナーに登録され、県市と共にSDGsの普及啓発や達成に向けた取り組み、地域課題の解決に取り組む。

 社内電灯のLED化や太陽光発電、蓄電池を導入。また、太陽光発電のクリーンエネルギー導入を顧客に提案し、地域のクリーンエネルギー化を推進。光熱費などの削減により浮いたコストを利益の創出につなげ、省エネによる利益増加を推進。環境と経済の両面からSDGsへの寄与を図る(目標7・8・11)。

 市川雄士社長は相模原青年会議所(JC)の20年度理事長。JCはSDGsの前身である「MDGs」(国連ミレニアム開発目標)から推進に取り組んできた経緯がある。市川社長は「当事者意識が重要。今やらなければ地球の資源を使い切る。困るのは自分たちの子や孫。問題を先延ばしにしてはいけない」と取り組む意義を語る。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

恒例のフリマ開催

恒例のフリマ開催

30日、メイプルホールで

6月15日

「みんなで楽しく」子ども向け書道教室

参加無料

「みんなで楽しく」子ども向け書道教室

22日 大沢公民館

6月13日

10周年の節目祝う

相模原市環境事業協同組合

10周年の節目祝う

式典に160人

6月13日

名曲ピアノコンサート

6月15日

名曲ピアノコンサート

千代田7丁目センター

6月13日

10年の歩み、一冊に

10年の歩み、一冊に

S.O.S.実委が記念書籍

6月13日

「誰一人取り残さない」社会へ

東海大学 小坂真理 准教授にインタビュー

「誰一人取り残さない」社会へ

6月13日

あっとほーむデスク

  • 4月6日0:00更新

  • 3月30日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook