神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

SDGsパートナー3者 防災用品寄付で感謝状 市まち・みどり公社から

社会

公開:2022年1月27日

  • X
  • LINE
  • hatena
左から相模原市まち・みどり公社の北村理事長、相模原事務用品協同組合の浦上代表理事、松尾商行の中橋常務、佐藤恵美子さん、同公社の熊坂誠常務理事=20日
左から相模原市まち・みどり公社の北村理事長、相模原事務用品協同組合の浦上代表理事、松尾商行の中橋常務、佐藤恵美子さん、同公社の熊坂誠常務理事=20日

 相模原事務用品協同組合と菊屋浦上商事、松尾商行は20日、同じさがみはらSDGsパートナーである公益財団法人相模原市まち・みどり公社へ災害発生時に活用できる防災関連用品を寄贈したことを受け、同公社から感謝状を贈呈された。SDGsパートナー同士の連携を推進するため、昨年寄贈が行われていた。

 寄贈品はタワー型蓄電池1台と簡易型蓄電池2台、災害用の段ボールベッド・マット・トイレ各6個、間仕切り用段ボール7枚。松尾商行がタワー型蓄電池、菊屋浦上商事が簡易型蓄電池、同組合がその他物品を贈った。これらの用品は同公社が管理運営する銀河アリーナや市総合体育館、北総合体育館へ昨年12月22日に配備された。

 感謝状の贈呈後は、SDGsについてそれぞれの意見が交わされ、同公社の北村美仁理事長は「気づきときっかけが大事。私たちもSDGsにどう関わっていけばいいのかわからない部分がある。交流がないとアイデアもいただけないので、いろいろな業種の方とお付き合いをさせていただき、ヒントをいただきながら公益財団法人としてできることをしていきたい」と話し、菊屋浦上商事社長で、同組合の浦上裕生代表理事は「SDGsというと皆さん難しくとらえてしまうが、本当はすごく身近にある」と述べた。松尾商行の中橋竜義常務は学生の採用がSDGsに取り組むきっかけだったと明かし、「これで終わりではなく、世の中に役立つことが松尾商行の存在価値であるということを学生たちに発信していきたい」と展望を語った。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

恒例のフリマ開催

恒例のフリマ開催

30日、メイプルホールで

6月15日

「みんなで楽しく」子ども向け書道教室

参加無料

「みんなで楽しく」子ども向け書道教室

22日 大沢公民館

6月13日

10周年の節目祝う

相模原市環境事業協同組合

10周年の節目祝う

式典に160人

6月13日

名曲ピアノコンサート

6月15日

名曲ピアノコンサート

千代田7丁目センター

6月13日

10年の歩み、一冊に

10年の歩み、一冊に

S.O.S.実委が記念書籍

6月13日

「誰一人取り残さない」社会へ

東海大学 小坂真理 准教授にインタビュー

「誰一人取り残さない」社会へ

6月13日

あっとほーむデスク

  • 4月6日0:00更新

  • 3月30日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook