神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

グリーンRC 30周年 記念に楽曲作成

社会

公開:2023年2月2日

  • X
  • LINE
  • hatena
例会で歌詞が映し出されたスクリーンをバックに立つ井上さん(左)、田中さん(中央)、同RC幹事の八木美左男さん=1月27日
例会で歌詞が映し出されたスクリーンをバックに立つ井上さん(左)、田中さん(中央)、同RC幹事の八木美左男さん=1月27日

友情、宇宙テーマ

 創立30周年を迎えた奉仕団体、相模原グリーンロータリークラブ(RC)はその記念に「クラブソング」を制作した。

 「あの宇宙(そら)を見上げて」というタイトルのクラブソングは昨年10月にあった記念式典で初めて披露された。作曲はクラブの専属ピアニストである田中知子さん、作詞は田中さんとクラブメンバーが担当した。

 式典部会のメンバーが「記念に残るものを」と昨年春にクラブソングの制作を提案。調べたところクラブソングのあるRCは全国でも数えるほど。そのような中、作曲のできる田中さんが身近にいることもあり「うちのクラブもできるはず」と制作を開始した。

 「10年ほど例会の場で演奏し、ずっと活動を見てきました。とてもアットホームなクラブだと感じていたので、その温かさを表現できたらと」。田中さんは曲に込めた思いをそう話す。歌詞は「友情」「宇宙」といったクラブを象徴するキーワードをテーマとし、作る際は有志10人ほどが参加した。できあがってきた歌詞に合わせ田中さんがメロディを変更するなど幾度かの調整を経て10月に完成。記念式典で、メンバー全員で歌うと会場には大きな拍手が起こった。制作に携わった部会メンバーの井上栄次さんは「やっぱり歌があるといい。クラブのパワーになる」と取り組みの成功を喜んだ。

 クラブソングは同RCのホームページで聞くことができる。現在は例会の際に歌う機会もあるそう。

 同RCは創立10周年の際、宇宙少年団相模原分団を立ち上げ。20周年では宇宙をテーマにした劇を創作するなどしてきた。このような流れから30周年で作ったクラブソングもタイトルや歌詞に「宇宙」というキーワードを入れ、一貫性を持たせた。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

恒例のフリマ開催

恒例のフリマ開催

30日、メイプルホールで

6月15日

「みんなで楽しく」子ども向け書道教室

参加無料

「みんなで楽しく」子ども向け書道教室

22日 大沢公民館

6月13日

10周年の節目祝う

相模原市環境事業協同組合

10周年の節目祝う

式典に160人

6月13日

名曲ピアノコンサート

6月15日

名曲ピアノコンサート

千代田7丁目センター

6月13日

10年の歩み、一冊に

10年の歩み、一冊に

S.O.S.実委が記念書籍

6月13日

「誰一人取り残さない」社会へ

東海大学 小坂真理 准教授にインタビュー

「誰一人取り残さない」社会へ

6月13日

あっとほーむデスク

  • 4月6日0:00更新

  • 3月30日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook