神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

SDCMa 防災特化した人材育成へ ドローン活用めざし

社会

公開:2023年9月21日

  • X
  • LINE
  • hatena
記者会見に参加したSDCMaのメンバー
記者会見に参加したSDCMaのメンバー

 相模原市を中心にドローンを活用した災害時の危機管理に取り組んでいる一般社団法人SDCMa(川合靖一代表理事)は9月14日、記者会見を区内横山で開き、災害時の活動に特化したドローンパイロットを育成するため、専門のカリキュラムを創設することを発表した。

 SDCMaは2021年5月に市内でドローン関連事業を展開する3事業者が連携し、前進となる「相模原ドローン危機管理協会」として設立。関連企業1社が加わり、今年5月に法人化した。現在は訓練や情報交換などを重ね、実際の災害時に民間のドローンが情報収集できるよう相模原市との連携を模索している。

 この日の記者会見前には本村賢太郎市長を訪問し、これまでの活動や9月1日の九都県市合同防災訓練でドローンの飛行を行ったことを報告。一方、市側からは災害時に機能する組織力が求められたという。

 記者会見で川合代表理事は「相模原は山間や川があり、都市部もある。ありとあらゆる災害が想定され、ドローンが効果的に活用できる」と話し、ドローンパイロットのマネジメントや組織力の強化を課題に挙げた上で「今年度は防災に特化したカリキュラムを創設し、認定制度を作っていく。しっかりとした技術を持ち、状況判断ができる人材を育成していきたい」と話した。

会見で今後の活動について説明する川合代表理事
会見で今後の活動について説明する川合代表理事

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

スプリングコンサート

和泉短大

スプリングコンサート

3月2日、4年ぶり開催

2月23日

給食からSDGs学ぶ

富士見小

給食からSDGs学ぶ

児童と市長が交流

2月22日

「相模原スポーツデイ」開催

ダイナボアーズ

「相模原スポーツデイ」開催

ホームタウンチームが連携

2月22日

精神保健ボラ養成講座

精神保健ボラ養成講座

受講生募集 3月16日

2月22日

高尾山「主」が講演

区内は「花みずき」

お店大賞

区内は「花みずき」

千代田の洋菓子店

2月22日

意見広告・議会報告政治の村

  • 県政の課題を問う

    県政報告Vol.65

    県政の課題を問う

    自民党県議会議員 河本 文雄(かわもと ふみお)

    2月22日

あっとほーむデスク

  • 4月6日0:00更新

  • 3月30日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook