伊勢原版 掲載号:2012年12月7日号
  • googleplus
  • LINE

最優秀賞に岡田さん・橋口さん 市中学校人権作文

教育

鈴木教育長のあいさつを聞く入賞者たち
鈴木教育長のあいさつを聞く入賞者たち

 人権をテーマにした啓発講演会が12月1日、市民文化会館で開かれ、市民らおよそ200人が来場した。

 当日は、ドイツ文学翻訳家で「世界がもし100人の村だったら」の作者、池田香代子さんによる講演会が行われた。

 講演会では、今年度の人権作文・人権ポスターの表彰式も行われ、伊勢原中の岡田彩乃さん(3年)と成瀬中の橋口創吾さん(同)が市中学校人権作文の応募311点の中から最優秀賞に選ばれた。

 最優秀賞に選ばれた岡田さんと橋口さんの作品は、第32回中学生人権作文コンテストにも出品され、横浜地方法務局厚木支局長表彰の優秀賞と銀賞にそれぞれ選ばれた。また、第7回中学生人権ポスターでは、中沢中の斑目実裕さん(2年)が横浜地方法務局厚木支局長表彰の努力賞に選ばれた。

 入賞者は次のとおり(敬称略・順不同)。

【市中学校人権作文】

●市長表彰・最優秀賞=岡田彩乃「一人一人の個性」、橋口創吾「巨大な褐色の虫」

●同・優秀賞=堀内万希子(成瀬中3年)「いじめと心」、吉満文香(同)「老いるとは」、南保みなみ(中沢中2年)「思い出の中の後悔」、作山直輝(同)「偏見や差別の無い社会」

【第32回中学生人権作文コンテスト】

●横浜地方法務局厚木支局長表彰・優秀賞=岡田彩乃

●同・銀賞=橋口創吾

【第7回中学生人権ポスター】

●努力賞=斑目実裕
 

伊勢原版のローカルニュース最新6件

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク