伊勢原版 掲載号:2015年4月17日号 エリアトップへ

雨で作業出遅れ ナシの授粉 「味に影響なし」

社会

掲載号:2015年4月17日号

  • LINE
  • hatena
器具を点検する多田さん
器具を点検する多田さん

 県内有数のナシの生産地伊勢原。市内のナシ畑では人口授粉の季節を迎えたが、今年は雨で作業が遅れている。

 4月7日、市内田中で農家を営む多田光正さん(61歳)は、雨空を見上げ落胆の表情をみせた。「これじゃ作業ができない」。40アールの畑で幸水や豊水を育てる多田さんは、例年4月初旬から授粉に取りかかる。しかし、今年は雨が多く足踏み状態が続いた。「毎年この時期は晴れなのに、雨とは珍しい。ここ40年で初めて」。多田さんは器具点検をしながらつぶやいた。

 授粉作業はその後再開され、例年通り7月下旬ごろから収穫が始まる見通し。「作業の遅れが味に影響することはないですが、収穫量は少し心配」と多田さん。 収穫されたナシは、市内の直売所などで販売され、配送も受け付ける。

伊勢原版のローカルニュース最新6

渡辺県議が一般質問

渡辺県議が一般質問 政治

12月7日

12月3日号

写友クラブが作品展

写友クラブが作品展 文化

5日まで

12月3日号

駅前でイセハライチ

4日・5日

駅前でイセハライチ 経済

音楽祭も同時開催

12月3日号

麻薬撲滅活動を支援

麻薬撲滅活動を支援 社会

中央、平成両RCが寄付

12月3日号

優勝は麹家ペイ太郎さん

優勝は麹家ペイ太郎さん 文化

伊勢原初のアマ落語大会

12月3日号

大神宮で新嘗祭

大神宮で新嘗祭 文化

実りの秋に感謝

12月3日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook