伊勢原版 掲載号:2017年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

ラオスに学校が完成 三寶寺の寄付がかたちに

社会

完成した校舎(上)贈呈式の様子
完成した校舎(上)贈呈式の様子
 市内沼目の三寶寺(目崎薫住職)では、世界中の子どもたちに勉強する場所を与えたいとの思いから、ラオスに中学校を建設するプロジェクトを企画。2011年から、毎年チャリティーコンサートやバザーを開催し寄付金を募ってきた。

 昨年10月にラオスのカムアン県ラオカ村に念願となる初めての公立中学校「ラオカ村中学校」が完成。目崎住職らは11月15日に現地を視察した。子どもたちから歓迎を受け、贈呈式では感謝状が贈られた。

 「完成まで何回も難しいことがあった。しかし、子どもたちの輝く目を見てやって良かったと感じた」と目崎住職は話した。

伊勢原版のローカルニュース最新6件

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月20日号

お問い合わせ

外部リンク