伊勢原版 掲載号:2019年2月8日号
  • LINE
  • hatena

文化財を守るために 比々多神社で合同訓練

社会

消防署と消防団による一斉放水が行われた
消防署と消防団による一斉放水が行われた

 市内三ノ宮の三之宮比々多神社(永井治子宮司)で1月24日、市消防署と市消防団による合同放水訓練が行われた。

 これは、1月26日の文化財防火デーに合わせて行われているもの。貴重な文化財を火災から守り、後世へ伝えるために毎年神社仏閣などで開催されている。

 市消防署員、市消防団第4分団3部の団員、同神社神職、総代など約50人が参加した同訓練。本殿から出火したことを想定し、119番通報や文化財の搬出などの訓練が行われた後、市消防と消防団による一斉放水が行われた。

 永井宮司は「豊富な文化財を守っていかなければならないことをあらためて実感できた。常日頃から火の用心や見守りなど心掛けて社務につとめているが、これからも皆様のお力をいただきながら守っていきたい」と挨拶した。

 三之宮比々多神社には県重要文化財の鶉甕(うづらみか)、関東最古といわれる市重要文化財の「狛犬」1対が納められている。

文化財防火デー

 1949年1月26日、現存する世界最古の木造建造物となる法隆寺の金堂が炎上し、内部の壁画が焼損。これを機に55年にこの日が「文化財防火デー」に定められた。

50人ほどが訓練に参加した
50人ほどが訓練に参加した

伊勢原版のローカルニュース最新6件

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク