伊勢原版 掲載号:2019年3月22日号
  • LINE
  • hatena

大山とうふに”笑顔” まつりに2日間で5千人

社会

仙人鍋で大量の湯豆腐が作られた
仙人鍋で大量の湯豆腐が作られた

 大山とうふまつりが3月16日、17日に大山のとうふ広場(市営第2駐車場)などを会場に行われ、2日間で約5千人が来場した。

 同まつりは、大山の登山客が減る3月に、全国から観光客を呼び、名産品をPRすることを目的に、1991年に大山の若手商業者有志「青専研」が中心となり実行委員会を組織して始まったもの。今年で29回目を迎えた。

 大山阿夫利神社の神職が豆腐の恵みに感謝する祝詞を読みあげる「とうふ感謝祭」の後、直径4mの「仙人鍋」でつくる湯豆腐の無料配布が行われると、観光客が長蛇の列を作り湯豆腐に舌鼓を打っていた。

 埼玉県から両親と訪れた新穂真尋さん(10歳)は「大山の豆腐を初めて食べた。温かくて美味しい」と笑顔で湯豆腐をほおばっていた。

神職が祝詞を奏上した
神職が祝詞を奏上した

伊勢原版のローカルニュース最新6件

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

  • 3月8日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク