伊勢原版 掲載号:2019年6月14日号 エリアトップへ

阿夫利神社 高校生2人が舞奉納 祖霊社で権田祭

文化

掲載号:2019年6月14日号

  • LINE
  • hatena
神教歌に合わせた舞を奉納する遠藤さんと人形さん
神教歌に合わせた舞を奉納する遠藤さんと人形さん

 大山阿夫利神社(目黒仁宮司)の社務局祖霊社で6月8日、初代宮司を務めた権田直助と同神社の歴代の社司をしのぶ慰霊祭「権田祭」が執り行われた。

 同祭は、6月8日が「大山近代の祖」と称される権田直助の命日にあたることから毎年この日に行われている。

 この日は権田直助が生前好んで食したとされる蕎麦など、さまざまな供え物が奉じられ、宮司による祭祀奏上のあと地域の高校生が「神教歌舞」を披露。権田直助の作とされる神教歌に合わせて厳かに舞う姿に、出席者らは皆神妙な面持ちで見入っていた。

 舞を披露した遠藤愛実さん(16)は「緊張したけれど練習してきた成果が出せたと思う」と安堵の様子。人形奈未さん(同)は「毎年舞わせてもらっているが何度やっても緊張する。練習通りできたと思う」と笑顔で話した。

 また神社の功労者をたたえる表彰も行われ、神社運営などに功績があった関係者らに賞状と記念品が贈られた。

 目黒宮司は「日本遺産認定など、大山の伝統行事に注目が集まり、これからも大山は着実に歩みを遂げていくと確信する。地元の協力を得ながら、神社の代表としてその責務を果たしていきたい」とあいさつした。

伊勢原版のローカルニュース最新6

パイナップルを寄贈

台湾産

パイナップルを寄贈 社会

市内医療機関に配布

5月14日号

子育ての悩み解消へ

伊勢原JC

子育ての悩み解消へ 教育

セミナーに60人が参加

5月14日号

子どもの成長願う

伊勢原大神宮

子どもの成長願う 文化

2年ぶりに若葉祭

5月14日号

街頭犯罪発生状況

4月11日〜5月8日

街頭犯罪発生状況 社会

伊勢原警察署

5月14日号

駅前で「つながる広場」

駅前で「つながる広場」 経済

家族連れなどでにぎわい

5月14日号

小学生の絵画展

小学生の絵画展 文化

のびのび描こう会

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

伊勢原版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter