伊勢原版 掲載号:2019年12月13日号 エリアトップへ

神奈川県 農業でドローン活用検討 大田地区で初の現地試験

経済

掲載号:2019年12月13日号

  • LINE
  • hatena
除草剤に見立てた粒剤を載せたドローンを見守る関係者ら
除草剤に見立てた粒剤を載せたドローンを見守る関係者ら

 神奈川県は12月6日、市内下谷の大田地区土地改良区第1工区圃場で、ドローンを活用した除草剤の散布試験を行った。

 県は、「ドローン前提社会」の実現に向けて取り組んでいる。農業分野での活用は、今年から検討を開始。これまでは農業技術センター内でドローンを飛ばし、試験を行ってきた。

 3回目の今回は、初めてセンターの外に出て、現地試験を実施。農業の省力化や効率化をめざす大田地区土地改良区(亀井貞之理事長)が協力して実現した。

 この日は、県や市、JA湘南の職員らをはじめ、同土地改良区の理事などが参加。(株)丸山製作所(千葉県東金市)が技術協力し、除草剤に見立てた水や粒剤を積んだドローンを飛ばし、約30アールの畑に散布。人がまいた場合との飛散状況を比較した。

 県農業技術センターの職員は「どの程度まで飛び散るのか、影響をみたい。課題や問題点を調べるのが今回の試験の目的」と話した。

 亀井理事長は「機械化が進んで農業が楽になったものの、夏の炎天下の作業はまだまだ大変な状況にある。ドローンを活用して除草剤が散布できればさらに楽になる。一日も早い実用化に期待したい」などと語った。

伊勢原版のローカルニュース最新6

渡辺県議が一般質問

渡辺県議が一般質問 政治

12月7日

12月3日号

写友クラブが作品展

写友クラブが作品展 文化

5日まで

12月3日号

駅前でイセハライチ

4日・5日

駅前でイセハライチ 経済

音楽祭も同時開催

12月3日号

麻薬撲滅活動を支援

麻薬撲滅活動を支援 社会

中央、平成両RCが寄付

12月3日号

優勝は麹家ペイ太郎さん

優勝は麹家ペイ太郎さん 文化

伊勢原初のアマ落語大会

12月3日号

大神宮で新嘗祭

大神宮で新嘗祭 文化

実りの秋に感謝

12月3日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook