伊勢原版 掲載号:2020年11月20日号 エリアトップへ

谷山ジム 記念興行が大盛会 コロナ禍で勇気与える

スポーツ

掲載号:2020年11月20日号

  • LINE
  • hatena
記念興行に出場した【1】城戸選手(左)【2】駿太選手(右)【3】谷山選手(右)【4】山際選手(左)
記念興行に出場した【1】城戸選手(左)【2】駿太選手(右)【3】谷山選手(右)【4】山際選手(左)

 下糟屋の谷山ジム(谷山歳於会長)が主催する「スーパーBigbang」が、11月8日に東京都文京区のTOKYO DOME CITY HALLで初めて開催された。

 大会はビッグバン10周年記念、谷山ジム35周年記念興行として、初めて「スーパー」の冠が付いて行われた。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、検温や手指消毒などの対策を徹底。ソーシャルディスタンスを保つために、観客席を1席ずつ空けて使用し、昼と夜の2部に分けて、それぞれ9試合が組まれた。

 谷山ジムからは看板4選手らが出場。第1部のメインイベント第2試合に出場した山際和希選手は、第2ラウンド終了ゴングと同時に、相手の攻撃が当たるアンラッキーな形でKO負け。

 第2部のセミファイナルに出場した谷山俊樹選手、スーパーフェザー級タイトルマッチに出場した駿太選手、メインイベント第2試合に出場した城戸康裕選手は、それぞれ判定勝ちを収めた。谷山会長は「それぞれがベストを尽くして、精一杯戦ってくれた」と出場選手らを讃えた。

 ビッグバンは、2010年に同ジムの25周年記念興行としてはじまったキックボクシングの人気イベント。谷山会長は「記念興行を最高の演出の中で、格闘技の聖地でできたことは、選手やジム関係者のモチベーションアップにつながったと思う」と話し、「今後もみんなが喜ぶ興行を続けていきたい」と語った。今後はTOKYO DOME CITY HALLで年に1回は大会を開催する予定だという。

伊勢原版のローカルニュース最新6

大学生の生活支援に

東京農業大学

大学生の生活支援に 社会

栽培した野菜を寄贈

11月20日号

すくすく健康相談

すくすく健康相談 社会

成瀬コミセン

11月20日号

総力で新型コロナに対応

東海大学医学部付属病院

総力で新型コロナに対応 社会

「受診控え」で重症化懸念

11月20日号

従業員と家族を守る

伊勢原工業団地協同組合

従業員と家族を守る 経済

専門家招き秋の研修会

11月20日号

新鮮野菜など出店

新鮮野菜など出店 経済

YAMATOYAであす

11月20日号

映画で学ぶ認知症

映画で学ぶ認知症 社会

12月11日 シティプラザで

11月20日号

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク