伊勢原版 掲載号:2020年11月27日号 エリアトップへ

一人で判断しないで 留守番電話機能の活用を

社会

掲載号:2020年11月27日号

  • LINE
  • hatena
留守番電話機能の設定を呼び掛ける鈴木課長
留守番電話機能の設定を呼び掛ける鈴木課長

 不安や焦りにつけ込んでキャッシュカードを取りに来るなどの「特殊詐欺」が急増している。神奈川県内では10月末までに約28億円の被害が出ていて、昨年の約54億円と比較して減少しているとは言うものの、依然として多額の被害が発生している。

 伊勢原市に目を向けると、11月6日までに27件の被害があり、7千万円超の被害が確認されている。市内でも件数は減ったものの、伊勢原署では年末までの残り1カ月でさらに被害が増えないよう警戒を強めている。

 特殊詐欺は親族や警察官、弁護士などを装い、事件や事故の示談金などを名目に金銭などを騙し取る手口だ。警察で特に注意を呼び掛けているのが「キャッシュカード詐欺盗」だという。

 オレオレ詐欺と同様、親族や警察官などを装い「あなたの口座が犯罪に利用されている」「カードの交換が必要」などと電話をかけて準備をさせ、自宅に取りに来た犯人が言葉巧みに暗証番号を聞き出し、隙を見て他のカードなどとすり替える。生活安全課の鈴木泰夫課長は「封筒に封をしてカードを用意させ、隙を見て犯人が用意してきた封筒とすり替える。中が見えないので、すり替えられても気が付きません」と話す。市内で発生した特殊詐欺27件のうち21件がキャッシュカードによるものだという。

 騙されないためにはどうすれば良いか。「電話で『キャッシュカード』と言われたらそれは詐欺です。還付金がある、未払いの料金があるなど身に覚えのない電話には気をつけて下さい。焦って一人で判断せず、一旦落ち着いて周りの家族や友人、警察に相談してください」と話す。

 さらに対策として、家の電話を留守番電話に設定するのが効果的だという。ただし留守番機能が作動する前に受話器を取らないようにする。「自分だけは大丈夫と思わず、対策の徹底をお願い致します」。

毎日特殊詐欺の電話あり

 市内には10月からほぼ毎日犯人グループから特殊詐欺の電話がかかってきているという。伊勢原署では通報を受けるとすぐ電話がかかってきた地区を警戒。不審者の発見や市の防災無線、くらし安心メールで注意喚起をしている。他にも金融機関やコンビニと連携して、高額の引き出しなどに対して声かけを要請。被害を未然に防ぐための対策を講じている。

伊勢原から始めるクールチョイス

エコドライブ、エコ・クッキングの動画を公開中!

https://www.city.isehara.kanagawa.jp/docs/2017042700094/

<PR>

伊勢原版のローカルニュース最新6

スポーツで市制50周年を盛り上げよう

スポーツで市制50周年を盛り上げよう 社会

伊勢原市体育協会会長 田中昇

1月15日号

優秀作品を表彰

景観写真展

優秀作品を表彰 文化

市長賞など決まる

1月15日号

Zoomでおしゃべり

Zoomでおしゃべり 社会

子育ての悩み相談など

1月15日号

エコ料理を動画で公開

エコ料理を動画で公開 社会

2月15日まで

1月15日号

子どもたちの成長が喜び

子どもたちの成長が喜び 教育

伊勢原市私立幼稚園協会会長 庄司暢道(のぶみち)

1月15日号

子どもの最善の利益を求めて

子どもの最善の利益を求めて 教育

神奈川県私立幼稚園連合会 会長 小澤俊通

1月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク