伊勢原版 掲載号:2021年9月17日号 エリアトップへ

伊勢原市 アプリで生活習慣病改善 産官で取り組み開始

政治

掲載号:2021年9月17日号

  • LINE
  • hatena
「みんチャレ」の画面
「みんチャレ」の画面

 伊勢原市は、民間企業が開発した習慣化アプリを活用する、健康生活チャレンジ事業をスタートさせた。

 この取り組みは、市民の健康意識の向上と、生活習慣病予防が目的。市は今回対象とする市の特定健診や人間ドック受診者で、肥満度やコレステロール値などから生活習慣病に該当すると想定される、64歳以下の市民約1100人に案内を発送。期日までに26人の申込みがあった。

 習慣化アプリは、エーテンラボ(株)(本社/東京都港区)が開発した「みんチャレ」を活用。同社が自治体向けに生活習慣病予防事業を展開するのは初めてで、伊勢原市と宮城県仙台市の2つの自治体で行われている。

 「みんチャレ」の特徴は、食事管理や運動など、新しい習慣を身に付けたい人がチームとなり、チャットで励まし合いながら継続をめざす「デジタルピアサポート型」を取り入れていること。参加者は5人1組のチームを組んで、アプリに食事の写真やその日歩いた歩数、散歩の際の写真などをコメントとともに投稿し、3カ月間の改善に取り組んでいる。

 市では、これまでもインセンティブ付きのクルリン健康ポイント事業などを実施してきたが、新型コロナの影響で集合型の講座開催などが難しくなったことから、アプリを活用した事業を実施することにした。市健康づくり課の管理栄養士、市川祐子さんは「今回の事業が働き盛りの世代の生活習慣病改善につながれば」と期待を寄せた。
 

伊勢原版のローカルニュース最新6

ドナー登録を呼び掛け

ドナー登録を呼び掛け 社会

伊勢原ライオンズクラブ

10月22日号

合同で就職説明会

合同で就職説明会 経済

市内幼稚園、保育園

10月22日号

駅周辺で吸い殻清掃

駅周辺で吸い殻清掃 社会

たばこ販売促進協議会

10月22日号

保育園児が収穫体験

保育園児が収穫体験 社会

大田地区GCと交流

10月22日号

市内団体が動画投稿

バーチャル解放区

市内団体が動画投稿 社会

県HPで31日まで視聴可

10月22日号

2部制で実施

2部制で実施 文化

22年成人式

10月22日号

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook