藤沢版 掲載号:2012年1月13日号
  • googleplus
  • LINE

湯たんぽ2千個に「感謝」 畳組合湘南 被災地へ

社会

加藤組合長(左)らが直接手渡した
加藤組合長(左)らが直接手渡した

 畳組合湘南(加藤忠組合長)のメンバー10人が先月23日、東日本大震災で被害を受けた宮城県南三陸町へ赴き、藤沢市民らから集められた新品の湯たんぽ2054個と畳約100枚を被災者に届けた。

 これまでに3度被災地へ行き、畳の搬入などの支援を実施している同組合は、現場の厳しい冬の寒さを被災者から聞き、藤沢市民らに湯たんぽの寄付を呼びかけた。現地には最低650個の湯たんぽが必要だったが、同組合の活動に賛同した人も多く、2054個もの湯たんぽが集まった。

 中には湯たんぽのカバーを手作りで20個ほど作成したり、励ましの手紙を添えて同組合に託す人もいたという。加藤組合長は「予想以上に集まったので、仮設住宅だけでなく個人宅へも届けることができた。地域の皆さんの善意に感謝したい」と話した。

 湯たんぽを受け取った被災者からは後日、同組合に手紙やFAXで「藤沢市民の善意を大事に使いたい」「暖かい新年を迎えることができた」と感謝の言葉が多数寄せられた。
 

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク